夜勤で目の疲れがつらい!空き時間のスマホが原因?

af9980011820

 

私は仕事柄、夜勤があるのですが、本当に疲れ目の症状がひどくなります。

朝方になると全然焦点が合わないんですよね~。

元々眼精疲労があって夜勤は無理だろうと思ってたのですが…。

これ以上悪化しない為にはどうすればいいのか?

やはり空き時間にスマホを触るのが原因なのか?

夜勤と目の疲れの関係について考えてみました。

目の疲れが改善したブルーベリーサプリはコチラ

夜勤と目の疲れの関係について!

元々夜勤をし始めたのが、2014年の6月ぐらいからで、途中3ヵ月ぐらい、夜勤無しの部署で働いていた時期もありますが、2015年8月現在まで月5回のペースで夜勤をこなしております。

11ヵ月ぐらい夜勤をしていて思ったのですが、本当に体調に影響が出てきますね。笑

疲れが溜まる、抜けきらないとか言いますが、これは本当で、夜勤明けとかは帰って、すぐ寝て夕方に起きても頭がぼーっとしてるんですよね。

6時間以上寝ても夕方はぼーっとして、特に何もすることもなく夜10時ぐらいには、再び朝まで寝てしまいます。

夜勤明けの疲れ目の症状は非常に強いのはもちろんですが、「目が重い」というよりは、「焦点が合わない」というような症状が私の場合は強いです。

逆に夜勤中は目が重くて痛い時が多いですね。

というのも夜勤って忙しい時はそれなりにやることもあるのですが、暇なときもありますよね。

どうしてもスマホやら、なんやらを見て時間を潰さないとやってられないのが現状ですがそんな時にスマホを触ってしまうと眼精疲労がある私には…

夜中のスマホって本当に目が疲れるんですよ。笑

しかも暗い部屋にいるので、余計に…。笑

ですが暇だったらやることがないので、それも苦痛なんですよね。

ちなみに夜勤は17時~10時までの17時間勤務です。笑

17時間も働いてるんだ…

今書いてみて改めて実感しました。笑

17時間って24時間の3分の2以上ですよね?笑

今まで昼間寝ないで夜勤に行っていましたが、考えたら恐ろしいことですよね。

夜勤明けの目の疲れについては、寝るのがまず先決でしょうね。

蒸しタオルとか運動とか対処する以前に睡眠が圧倒的に足りてないんですから。

私は多い時は夜勤明けの昼の12時から、次の日の朝6時まで18時間寝たりしますよ。笑

そうすると目の疲れについては、かなり改善してますね。

やはり睡眠と目の疲れの関係については、たくさん寝れば改善されるというのは間違いないようです。

⇒疲れ目が改善したブルーベリーサプリはコチラ

さて問題は夜勤中の疲れ目対策ですが、これは難しいですよね。

夜勤時の人数や仕事内容も大きく関係すると思います。

例えば夜勤中、たった一人で、人と会うことが無いなら、ちょっとスクワットしたり思いっきり人目も気にせずマッサージすることができますよね。

ですが人数が二人以上いる場合は、どれだけ仲が良くても一人でいる場合に比べたら気を使うと思いますし…

疲れ目や眼精疲労を理解してくれる人ならいいのですが、世の中理解してくれない人の方が多いですからね。

また仕事内容もパソコンを多用するのなら、pcメガネなどで対策したほうがいいでしょう。

私は立ってパソコンしたりしてましたけどね。笑

座ってると疲れ目の症状がしんどいので、立って足踏みしながらパソコンしています。笑

これは一人で夜勤をする場合限定ですが、結構使えますよ。

目の疲れは結局のところ血流が影響しているので、動けばマシになるんですよね。

「デスクワークは動けないし、血行が悪くなるんだよね~、いや待てよ、動きながらデスクワークすればいいじゃん!!」

っと言う考えに至ったわけです。笑

これは家でも結構応用していて、家に少し高めのカフェのカウンターのようなテーブルを買ってそこで立ちながらパソコンをするとはかどるんですよね。笑

これは結構自分の中では画期的なアイデアだと思います。 

やはり動きながらの方がアイデアも思い浮かびますし、脳の回転も良いような気がします。

夜勤中は眠くなりますが、眠気対策としてもいいですよね。

座ってたら寝てしまいそうになりますが、立ちながら寝るのはかなり難しいでしょうし。笑

あとがき

2016年も目の健康に良いことをたくさん試してきたのですが、眼の疲労感が最も改善したのがブルーベリーサプリです。

ずっと眼がしんどかったのですが、毎日飲んでいたら、眼の違和感が改善しました。

2017年3月30日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも目に対する悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでブルーベリーサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が良くなったブルーベリーサプリはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ