疲れ目に効くハーブについて~ビルベリー編

薬やお医者にかかるのが

どちらかというと苦手で何かと

自助努力に頼ろうとする私にとって、

「ハーブで身体を癒す」というコンセプトは大好物。

ハーブは日本でも定番になったため

情報はたくさんありますが、由来はやっぱり西洋。

ちょっと他とは違う情報が欲しいため、

英語圏のサイトやブログを徘徊して疲れ目に効くハーブを

がっつりまとめてみました。

今回の記事はビルベリーについてです。

 

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

 

英国王室空軍を助けた?ビルベリー

 

日本ではブルーベリーが定番ですが、

英語圏で「目に効くハーブ」の代表といえば「ビルベリー」。

 

たとえば、イギリスにはこんなエピソードがあります。

 

時は第二次大戦中。

英国王室空軍のパイロットが紅茶に

ビルベリージャムを入れて飲んだ後は攻撃精度が完璧になったとか。

 

また夜間視力が劇的にアップしたため、

出撃前に愛飲されていたそうです。

 

このエピソードは科学的に証明されているわけではありませんが、

ビルベリーはアントシアニンが豊富なことは確かです。

 

アントシアニンとは植物に広く存在する色素のこと。

フラボノイドの一種であり、

抗酸化物質として知られています。

 

sponsored link

 

そもそもビルベリーってどんな植物?

 

 

ビルベリーはヨーロッパ北部を中心に自生する植物で、

クランベリー、ハックルベリー、ブルーベリーの親戚。

 

外見はブルーベリーそっくりですが、

果肉の色がブルーベリーより濃いのが特徴。

 

この色の濃さと深さこそ、

アントシアニンが豊富であることを物語っているのです。

 

ぶどうや紅茶に多く含まれる抗菌性のタンニンも豊富です。

 

効能を発見したのは18世紀のドイツの医師で、

当初は疲れ目あるいは目の健康というよりも、

整腸作用に注目されたようです。

 

さらに20世紀に入ってからは、

下痢をはじめ、広く血管の健康や心臓疾患に

効果があるとされるようになってきました。

 

ビルベリーが目に効くと言われるようになった経緯

 

このように幅広い効能が確認されるようになった上で、

なぜ特に「目に良い」と言われるようになったのでしょうか。

 

ビルベリーの効能は特に「酸化的損傷」に効くと言われています。

 

酸化的損傷とは、文字通り「酸化による損傷」です。

 

酸化による損傷に効く、ということは言葉を変えると強力な

「抗酸化作用」があるということになるんですね。

 

「酸化による損傷」は加齢と共に発生し、進行します。

 

その中でも、特に目の障害として現れるのが「黄斑変性」。

 

進行すると失明に至ってしまったりします。

 

この「黄斑変性」に悩む被験者にビルベリーを与えたところ、

改善の効果があったとされたそうなんです。

 

ただし、ビルベリーの効能は広く知られていたため、

単なるプラシーボ効果の可能性も捨てきれないそうですが、

そこから「ビルベリーは目に効く」という定説が生まれることになったようです。

 

sponsored link

 

ビルベリーはエクストラクトで摂取するのがアメリカの定番

 

ビルベリーは生で摂れれば苦労ないわけですが、

元は北ヨーロッパ産のハーブです。

 

サプリメント大国のアメリカでは自生していません。

 

そこで登場したのが「ビルベリー・エクストラクト」。

 

有効成分だけぎゅっと抽出して

サプリとして摂取してしまおう、というわけです。

 

ビルベリーエクストラクトに含有されているアントシアニンの分量は

おおよそ25%だそうです。

 

ビルベリーのエクストラクトはサプリの定番として

種類もたくさん出回っています。

 

試しにGoogleのショッピング検索で

「bilberry extract」を入力してみるとたくさんヒットしました。

 

安いのから高価なものまでいろいろありますが、

サプリにはある程度金額をかけるのが

私の個人的なポリシーです。

 

ただ、単に価格だけ見て高いから買う、

というのはおバカさんですよね。

 

私はしっかり成分表示をチェックしますよ。

 

安いサプリの場合、効能成分であるアントシアニンが

たくさん含有されているイメージをつくるため、

人工色素を加えてあることがあるようです。

 

人工色素が添加されているかどうかは成分表示でわかります。

 

一方、人工色素が添加されていなければ何でもよいというわけでもありません。

 

色が薄すぎるのもアントシアニン含有量の低さを

物語っているので避けたほうがよいですね。

 

少量でぎっちり有効成分が詰まっていたほうがお得に決まってますもの。

 

つまり、天然のアントシアニン色素が

たっぷりのビルベリーエクストラクトを選ぶのがコツです!

 

ビルベリーエクストラクトをサプリとして摂取する上で、

1日あたりの摂取量を守れば

特に健康上の注意事項はないようですが、一点だけ。

 

アントシアニンには血小板が固まるのを防ぐ働きがあるため、

抗凝血剤との併用は避ける必要があるそうなので

私は併用しないように気を付けています。

 

誰でも知ってるブルーベリーよりもアントシアニンが豊富なビルベリー。

 

エクストラクトを賢く選び、賢く摂取し、スマートに疲れ目の改善を目指したいですね!

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ