目の奥の痛みでパソコンができない!ぼやけるしめまいがヤバイ?

0a9ceb0325f4a1507b2fbdb2ebaeec59_s

パソコンをしていると目の奥の痛みが出てくることはありませんか?

他にも、視界がぼやける、めまいがするなどの症状に悩んでいる方も多いと思います。

これらの症状が出た時にも、パソコンを続けるにはどうすればいいのでしょうか…。 

疲れ目が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

人間で一番大切なのは目?

仕事などでパソコンを使っていると、多少の疲れ目程度なら中断できない時も多いと思います。

疲れ目で早退する人なんて聞いたことないですからね。風邪でも休めない人も多いと思いますから、疲れ目で体調不良なんて言ってられないのが現状だと思います。 

ですが目の健康はやっぱり大切で、白内障の手術を祖母が1年前にしたのですが、世界が変わったと毎日感激していました。

「こんなにクッキリ見えるものなのか…」「自分ってこんなにしわあったんや!」、って笑顔で言ってましたからね。笑

他にもずっと視力が悪かった人が、メガネをかけた時の感激も凄いです。

「今まで視力が悪くて損してたわ。」「視力が良い人はずっとこの視界なんやな~」、なんて言ってました。

このように目の健康はその人の生活の質に大きく影響するように感じます。実際私たちはほとんどの情報を目で処理しています。

普通の人はあまり自覚はないかもしれませんが、私は眼精疲労になってから、目が使えないとあらゆることができないことが理解できました。 

sponsored link

目の奥が痛いときにすべきこと!

なので目の奥が痛い状態でパソコンを続けてほしくないのですが、「そんなことを言っていては仕事ができないじゃないか」という声も聞こえてきそうなので私なりの対策方法を紹介しますね。

眼精疲労の症状があるときに、パソコンをしなければならない時は、pcメガネは必須でしょうね。

後は

  • 目の奥のマッサージ
  • 頭皮のマッサージ
  • ガムを噛む
  • 運動をする

ぐらいですかね~。

アスタキサンチンも毎日食べるのは効果ありなのでオススメです。

疲れ目が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

仕事中とかだと、「ちょっとひとっ走りしてきます」なんて言えないですから、やっぱり現実的なのは、マッサージとpcメガネですね。

私も仕事中に疲れたらこの二つで対策してます。 

休憩中は

  • 昼寝をする
  • 外を走る

のどちらかをするべきですね。

私は走るのが嫌いなので全然しないですが、疲れ目にランニングは効果抜群ですよ。

効果があると分かっていてもランニングする気にならないんですよね…。マラソン大会でも目指してみようかな~。笑 

またパソコンの画面が明るい場合は、明るさを暗くすると疲れ目に効果的です。

pcの目に優しい設定について!画面の明るさ変更で疲労がなくなる?

sponsored link

デスクワークで工夫する!

またデスクトップパソコンを使っている場合は、画面が垂直で目を見開くので、疲れやすい傾向にあります。会社のパソコンをノートに変えられるのなら、ノートパソコンの方が目に良いでしょう。

他にもパソコンを覗き込む癖がある人は、距離をある程度離して見るようにしてください。近すぎると目に負担が大きいです。 

またデスクワーク中の姿勢も重要で、【デスクワークは姿勢が悪いもの】と決めつけて諦めるのではなく、背筋を伸ばしてpcをするようにしましょう。

またずっと同じ姿勢というのも、目の疲労を増加させやすいです。適度にストレッチをしながらデスクに向かいましょう。

私は肩を上げる運動をしたりしながら、パソコンをしたりするときもあります。気休め程度ですが、やらないよりはマシでしょうから。笑 

後は思いっきり泣いたりしたら、眼精疲労が軽減されるのですが…。仕事中に泣き始めたら周りがビックリですよね。家でたまにしますが、職場では厳しいですね。笑

でも泣いたら1時間はパソコン使えますので、かなり効果は高いですね。笑

他にもパソコンしながら運動できる方法として、空気椅子とか試してみましたが、とても集中できる状態ではありませんでしたね…。

筋力に自信がある人は是非試してみてください。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ