目の奥が痛い時の対策!病気ではなく疲れ目かも?

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

目の奥が痛いのは病気ではなく、単なる疲れ目の可能性もあります。

対策方法はあるのでしょうか? 

実際に目の疲れで目の奥が痛くなった経験があるのでお話しますね。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

目の奥が痛いのは疲れ目?

目に痛みがあると病気を疑う人も少なくないでしょう。

私も眼精疲労で目に痛みがあった時、様々な病気を疑いました。耳鼻科や脳外科などの診断も受けましたからね。 

ですがいくつもの病院に行った結果、疲れ目の延長線上の眼精疲労であることが分かりました。

疲れ目で目に痛みがあるなんて信じられないですよね。目は最も大切な部分ですから、痛みがあるのは不安でしょうがないです。普通は疲れで、痛みが生じるなんてことはあり得ないでしょう。 

だって身体が疲れてズキズキ痛い時ってありますか?

私はまだないですね~。

眼精疲労は筋肉痛ではないと思う

眼精疲労が目の周りの筋肉痛という説があります。この説に従えば、筋肉痛なら痛みが起こるのは納得ですが、時間が経っても症状が治らないのはおかしくないですか?

だって筋肉痛って少なくとも1週間もすれば症状は完全に治りますよね。

眼精疲労が筋肉痛なら、1週間で治るはずですが…。私は3年半たっても治ってないですね。笑 

筋肉痛が3年半も続くことってあるんでしょうか?

あり得ないですよね。

なので眼精疲労は筋肉痛とは違うものであると、最近私は考えるようになりました。

以前までは眼精疲労は目の筋肉痛だと解釈していて、このブログでもそう話していましたが、よく考えたら私の眼精疲労は筋肉痛では解釈できないことに気付きました。 

sponsored link

痛みをなくすためには?

ただ痛み自体は目を休めればなくなりましたし、後は目薬の効果も大きいですね。

  • 目を酷使しないこと
  • 目薬を欠かさず使うこと
  • 毎日サプリを飲むこと

が大切ですね。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

最近は痛みがあるときはpcメガネを使っています。

私は近くばかりをずっと見ていたことにより眼精疲労になったので、ブルーライトはあまり関係ないと思っていたのですが効果が凄いです。

目の痛み、重みがメガネを付けているときは、かなり改善されますね。

これはどうしても集中し続けなければならない、仕事中などはかなり重宝しています。 

2つ持っていて、会社で使う用はいつもカバンに入れていて、家で使う用はデスクの上に置いてます。

また軽めの症状はコーヒーを飲んで、緩和するようにしてますね。というか毎日コーヒー飲んでます。コーヒー飲まないと眼精疲労の症状が気になるので…。

「今日はなんだか調子が悪いな~」なんて思ってたらコーヒーを飲んでないことが多いんですよね。

なぜコーヒーが眼精疲労に効いているのか…。

  • カフェインによる痛み止めの効果なのか
  • 血流を良くする効果なのか
  • 眼瞼痙攣に効くと言われている効果なのか 

ただコーヒーを飲むと目の調子が良いのは明らかですから、私は自分にとって良いものを使っていくだけです。

sponsored link

疲れ目をなくそうとする日々

正直一般的に眼精疲労に効くと言われているものは、ほとんどやってみましたが、その中で自分が続けやすいし、やりやすいものを続けるべきでしょう。

というか目が苦しかったら何か対策はすると思います。当たり前ですが目が疲れていないなら、何も対策なんてしないですから。 

私は目の事を毎日考えていますが、眼精疲労にならなければ疲れ目なんて、知ったこっちゃないですからね。笑

気を付けていただきたいのは、私は目の奥の痛みがひどい時に、眼瞼下垂を発症しました。

眼瞼下垂になった日を私は鮮明に覚えています。それは目の奥の激痛にもかかわらず、目を酷使したことによりなりました。つまり疲れ目による痛みは、眼瞼下垂のきっかけになるということになるのかもしれません。

ちなみにその日の眼精疲労の痛みは、この3年半で一番痛かったです。

なので過度の痛みがあるときは、目をあまり使わないようにしてくださいね。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ