暗闇でゲームをすると目の影響がヤバイ!疲れの原因?

4c838722dd479a9c731fcc9a245c9279_s

暗闇でゲームをすると目にとって悪いとよく言いますよね。実際どのような影響があるのか…

疲れ目を引き起こす原因となるのでしょうか。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

暗闇でゲームをすると目にどんな影響がある?

「暗いところでゲームをすると目が悪くなるからやめなさい」なんて昔よく言われませんでしたか?

これは本当に当たっていて、実際暗いところでゲームなどの画面をみると、視力低下を引き起こしやすいです。

そもそもゲーム自体が目が悪くなりやすい媒体ではあり、それに加えて周りが暗くなると眼への負担がさらに大きくなります。 

私は眼精疲労で目が疲れやすいのですが、暗闇でスマホなどを使った後、明るい場所に行くと視界が非常にぼやけて霞みます。

子どもは大人に比べて目の疲れが感じにくいので、ほっといたらずっとゲームをしているなんてことも珍しくないでしょう。

そうすると視力の低下につながりますし、暗い場所でやるとより一層視力が低下します。

sponsored link

ゲームをしているときの姿勢は悪い

またベットや布団などでゲームをしているときは非常に姿勢が悪いですよね。姿勢が悪くなると視力低下の大きな原因になります。

例えば子どもが6時間ぶっ続けでゲームをしたら、ほとんど同じ姿勢ですることになるでしょう。 

そうすると筋肉が凝り固まってしまいますよね。

今は小学生でも肩こりに悩んでいる事例があります。

姿勢が悪いと脳への酸素の量が大幅に減ることが分かっていて、脳の酸素が減ると集中力や頭の回転が落ちる傾向にあります。

姿勢が悪くなると勉学においてデメリットだらけなので、昔から姿勢を良くしなさいと言われていたんですよね。

姿勢が良い人は賢い人が多く、疲れ目や視力の低下などに悩む人が少ないです。

逆にいつも猫背の人は、視力が悪い傾向にあると思われます。

脳への酸素の量が多くなるということは、眼への酸素の量も多くなるということです。

眼の栄養は酸素です。なので正しい姿勢で、綺麗な酸素を取り込むことが、眼にとって一番良いんですよね。 

目の酸素不足の症状は眼精疲労?解消方法のまとめ!

ゲームが好きな人は姿勢が悪い人が多いので、まずは日々の姿勢から改善していく必要があります。暗闇で綺麗な姿勢でゲームをしていたら、びっくりしてしまいます。笑

sponsored link

ゲームは目が乾きやすい

小さいゲーム機の場合、暗闇で小さい画面を見ること自体、目の調節を合わせるのが大変です。

またテレビゲームの場合は、ドライアイの症状が強く出やすいです。テレビゲームは基本的に目を見開いて画面を見ることが多いので、目が乾きやすい傾向にあります。

眼精疲労になってから、テレビゲームをしてみたら、異常に目が乾いた経験がありますから。 

もしテレビゲームで目の乾きを軽減したいのなら、テレビを見降ろすような角度で見ることですね。自分の目線より高いと、目が乾きやすくドライアイの症状がある人にはつらいでしょう。

見下ろすような角度でも、猫背になるとよくないので、低すぎてもダメですけどね。

ドライアイが改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

暗い場所は疲れがたまる

また薄暗い場所も目の疲労が溜まりやすいです。私は眼精疲労になった時、薄暗い部屋で生活していましたが、明るい照明に変えた途端、一気に症状が軽減しました。

このことから分かることは薄暗い部屋にいること自体が、目の疲労の増加を促進してしまうということです。

私は明るい照明がクッキリ周りが見えて、目の負担が少ないように感じます。 

家自体が古いので、以前まで非常に照明が暗かったのですが、LEDの照明に全部屋を変えてから、眼精疲労が大分マシになりましたからね。

もしかしたら初めから明るい照明だったら、眼精疲労や視力低下はなかったかもしれません。 

実際薄暗い部屋がきっかけで、視力が落ちた人はいますし、照明は案外見落としがちですが重要なんですよね。

部屋の明るさが重要であることを身をもって理解しているので、暗闇でゲームなんて私は絶対できませんね。笑

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ