眼精疲労はご飯の食べ過ぎが原因?ふらふらして危ない!

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_s

 眼精疲労とご飯の量はかなり関係があります。

というのも食べ過ぎると目が疲れやすい傾向にあるんですよね。

眼精疲労になると、めまいなどでふらふらするので、しっかりと予防することが大切です。 

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ 

眼精疲労はご飯の食べ過ぎが原因?

私は昔からたくさんご飯を食べてきました。

本当に食べれば褒めてくれるような家庭で育ったので、「たくさん食べる=褒められる」という認識が潜在的にあります。

ですが過食というものは、様々な健康被害が出てくることを知りました。 

そして少食や断食について調べ実践してみると、今までの人生かなり損していたことに気づいてしまいました。

というのも目と食事というのはかなり関係が深く、目の栄養素は食事から摂れることは当たり前ですが、食べ過ぎると目の機能が低下するんですよね。

眼精疲労になってから、3年が経ちますが、この事実を知ったのが最近で早速試してみたのですが効果は絶大でしたね。

まず「目の疲労感」、「視力」、「目のかすみ」などの向上や改善が感じられました。少食生活を続けると眼精疲労が治り視力も元に戻るのではないかと、思うぐらいです。

ですが人間やっぱり食べたいもので、これほどまでに素晴らしい効果があるにもかかわらず、また再び食べるようになってしまいました。

というのも仕事などのストレスが溜まると、アドレナリンが出て、空腹を促してしまうので。

ストレスがない生活になれば、この少食生活を本気で年単位で実践できるのですが。

私は調節不全という状態で、動いているものを見ると目の疲労感が強くなります。つまり動いているものを見ようとしませんし、自分自身がうごいて物の流れを見ることも極力しません。

このような状態だと目の機能も衰えてきますよね。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

少食な父と間食の多い母

少食は目の周りの神経などの若返り効果があるので、私のこのような眼精疲労も回復してくれるかもしれませんし、衰えた機能も元に戻るかもしれません。

実際に少食で目の症状が改善した人はたくさんいます。 

父親はかなりの少食で、朝は食べず昼と夕方に少量ずつしかたべません。

少食のおかげもあってか、60歳になるにもかかわらず、今でも小説や新聞を老眼鏡無しの裸眼で読みますからね。 

逆におやつや菓子パンをたくさん食べる母親は、30代後半から老眼に悩んでいます。

これは単なる遺伝や体質だと考えていましたが、もしかしたら長年の食事が大きく関係しているのかもしれません。

sponsored link

食べないと健康的に良いことが多い

この少食法を知ったきっかけは、以前のアルバイトの時の同期の友人から教えてもらったのですが、彼は1日1食で有名大学卒で、非常に若々しく、メガネもかけてませんでした。

彼の口癖は、「少食にすると疲れないし老けない」ということで、当時は嘘だと思って信じていなかったのですが、最近やってみて本当に疲れないんですよね。 

疲れないということは、常に目の疲れがある私が試すと、どうなるのだろうと思ってやってみたんですよね。

また食べ過ぎると疲れ目がひどくなることも納得できます。実際にたらふく食べた後は瞼の重みがひどいですから。それに加えて視界もかすみますしね。

また少食にしてからアレルギーが治りました。

私は慢性的な鼻炎があり、ティッシュが手放せない人だったのですが、少食中は鼻をかまなくなりましたから。

アレルギーがあると目がかゆくなりますが、目をこすると目にとって非常に悪いんですよね。網膜剥離になることもあるので

そういう目の病気から守るためにも、少食にすることはたくさんメリットがあります。

というよりデメリットがないんですよね。

少食にしてから節約する必要もなくなりましたから、毎日のストレスも軽減されますしストレスがなくなれば、無駄に空腹になることもないですから、どんどん健康に近づいていますね。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ