眼精疲労は急になる!年齢は関係ない?

ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_s

眼精疲労は急になります。

実際に私はいきなり何の前触れもなく、眼精疲労になりましたから。

また眼精疲労に年齢は関係あるのでしょか?

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

眼精疲労は急になる!

私は本当にいきなり眼精疲労になり、人生が一気に変わってしまいました。

今でこそ自分がどの目薬を使って、何をすれば症状が緩和されるのか、大体把握していますが、眼精疲労になった初日はパニック状態でしたね。笑

初日は受験前の2月頃で、寒い中図書館から急いで家に帰って、蒸しタオルやマッサージなど色々試しましたが、全く効果はありません。

「まあ一日寝て、遠くを見れば治るだろう」なんて甘く考えていましたが、一日経っても全く症状は改善しません。 

翌日は窓から朝8時から夕方4時まで、ずっと遠くのガレージやビルを眺めていました。そのあと全くスマホなどを見ずに、すぐに布団に入り眠りました。

次の日になると、【目の重みがかなり軽い!⇒早速パソコンを使ってみよう⇒すぐに再発!】、という結果になってしまいました。

sponsored link

目の疲れがとれないし、意味が分からない

いまから思うとこの時軽くなった時に、もっと遠くを見たり目に負担がかからない生活を続ければ、治ったかもしれません。

ですが遠くばかり見るのは、退屈すぎます。

車など風景が変わるのなら良いですが、窓からだと永遠と同じ景色ですからね。 

ですが私の場合は調節系の眼精疲労で、車、電車などに乗って景色を眺めたり、キャッチボールやウォーキング、メガネなどでも、疲労が溜まります。

普通キャッチボールなどは目に良いと言われますし、ウォーキングで目が疲れるなんて考えられないですよね。 

ですが私の場合は眼精疲労になって3日目ぐらいに、外に出て歩いてみると途中で、目の重力だけが10倍以上になったのかと思うほど、重くなりました。

本当にどうやっても目が開かないんですよね。笑 

眼精疲労になってから、最初の1週間ぐらいは、「治るだろう」と考えていたので、友達や家族にもネタにしていました。笑

かなり楽観視していたのですが、1ヵ月経っても治らない時から、一気に不安感が押し寄せてきましたね。

眼科に行っても原因は分からず、「このままずっと治らなかったらどうしようか…。」と毎日考えるようになっていました。 

眼精疲労は老眼が始まるときから症状が出やすく、大体40代か早い人では30代後半ぐらいからはじまります。

ですがこのデータは一昔前のもので、現在はスマホなどの増加で、眼精疲労人口が若くなっていくことでしょう。

実際老眼で眼精疲労に悩んでいる人は、私のように重度の人はあまりいないと思います。本当にしんどい眼精疲労は目も開けてられないんですよね。

私がなぜこのような眼精疲労になったのか… 

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

原因はずっと遠くをみなかったこと

最初に述べたとおり、眼精疲労になる直前まで、目に不快感などは全くありませんでした。

原因はおそらく受験勉強で半年ほど引きこもっていたことです。つまり引きこもることにより、毛様体が常に緊張し続けて、それが限界を迎えたんでしょう。

毛様体は遠くを見ることで緩みます。

半年も引きこもって遠くを見なければ、毛様体が半年間緩まないことになるので…。

目の疲労感がある場所も、毛様体がある場所なので、私は毛様体筋が疲労して痙攣状態になってしまって、眼精疲労になっているのでしょう。

なので引きこもって勉強や仕事などをしている人は、例えpcやスマホを使っていなくても、1週間に1回は外に出てくださいね。

私は24歳でもう眼精疲労になって3年です。

40代になると眼精疲労になってからの方が、人生が長いことになります。

今までクッキリ見えていた世界に戻れるように、視力を何とか戻したいと考えています。 

単純にスマホ、pcを辞めれば治ると思うかもしれませんが、実際半年ほど液晶画面を見ない生活をしたことがありますが、眼精疲労は軽減しても視力は全く改善しません。

そう簡単に視力回復しないから、みんな悩んでいるんでしょうね。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試しているのですが、眼の疲労が最も改善しているのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

2017年8月20日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ