疲れ目は朝からつらい?まばたきが痛い!

ce9563e6864c5ee0b1c5d7d7ea26bf58_s

ぐっすり寝た後、疲れ目がまだ残っていることってありませんか?

疲れ目が朝になっても残ることってあるのでしょうか…。

私は朝から夜まで疲れ目でつらい思いをしたことがあります。まばたきをしただけで目が痛いほどです…。

その経験から今回は疲れ目にとって非常に大切なことを紹介しますね。 

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

疲れ目は朝からしんどい?

疲れ目と言えば、夕方から夜にかけて、症状が出るイメージがありますよね。もしくは徹夜したときとか…。

私は以前、ぐっすり寝ても全く症状が改善されない、つらい目の疲労に悩まされていました。

普通は朝起きると少しは改善されているものですが、全く、ひどい時は朝の方が悪化しているときもありました。 

その時に疲れ目について色々調べてみたところ、自分が眼精疲労になっているということを知りました。

眼精疲労は疲れ目とは次元が違う、と言ってもいいほど症状がつらいです。

どれだけ寝ても、目の疲労がとれないんですよ。疲労が強すぎて、睡眠時間は、ほぼ関係のない状態になっていました。 

10時間寝ても起きて、1時間もしないうちに、激痛がありましたから。睡眠で疲れが取れないどころか、前の日の疲れが余裕で残りますからね。

車に乗ったりした次の日は、目が開かない、まるで誰かにまぶたを押さえつけられているかのような重みに悩まされました。

目を閉じていてもしんどいので、眠れない時もありましたね。朝から気持ちが悪くなり、吐き気がずっとありましたし…。 

ただ泣くと目の疲労が少しマシになるんですよ。笑

血液の流れが速くなるんでしょうか…。なので疲れ目がひどい時は泣くようにしてましたね。

お陰で泣くのが上手になるという変な特技を身につけてしまいました。笑 

泣いているときに誰かが来たりすると「何があったの?」ということになり説明するのが面倒でしたけど。笑

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

何をしても瞼が痛い

まぶたの痛みがひどく、まつ毛の付近も痛かったですね。

まつ毛付近に筋肉があるのかどうかは知りませんが、眼精疲労って普通は目の奥に症状が出ると思ってたのですが…。 

まぶたの先の方も鈍痛があり、まばたきをする度に、やけどをしたかのような痛みに悩まされました。

この時の痛みは本当にやけど、もしくは筋肉痛のような痛みで普通の目の奥の痛みとは種類が違いました。 

「本当に眼精疲労の痛みなのか?」という疑いもありましたが、目を酷使した結果このような痛みが出ているので、やっぱり眼精疲労による症状でしたね。

痛みがある時は、目の疲れがたまる行為は絶対やめた方がいいですね。数時間後、もしくは翌日に必ず悪化していましたから。

また眼精疲労があるときに、度が合っていないメガネをかけたときも、ズキズキと鈍い痛みがありました。

まばたきは人間は絶対にしますから、その当たり前の行動に痛みが伴うのは、非常に辛いことだと思います。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

20代で眼の病気になったら将来が…

それに目という生きていくうえで大切な部分が、病気っていう恐怖感もありますしね。

「20代前半でこれだけ目が苦しかったら、将来どうなるんだろう。」この考えは今でも消えていません。

私は24歳になったばかりです。この年齢で目が霞んでたら老眼になったら。 

ですが考えてもしょうがないんですよね。もしかしたら50代も60代も普通に見えている状態かもしれませんし。

もしそうなら将来に悩んでいることは、無駄でしかないですからね。笑 

眼精疲労の痛みは本当にトラウマになります。もう二度とあの痛みだけは味わいたくないですね。

眼精疲労の重症は激痛が走る!午後は特にひどい?

目が痛かったら考え事もロクにできないです。

というか、眼精疲労になってから、集中して考えることがしにくくなりました。なんだか集中しているようで、どこかで目の事を考えているんですよね。 

仕事中も遊んでいるときもずっと目の事を考えています。無意識の領域なので、考えたくなくてもずっと考えている状態です。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ