疲れ目で動かすと痛い!バイクの運転は大丈夫?

545fd758b20df1c7f3d44dfe18025cac_s

疲れ目が悪化すると、目を動かすと痛いという状態になってしまいます。もしそうなった場合は本当に何もできませんよね…。

ですが仕事や用事で外出しなければならない時に、バイクや車を運転しても大丈夫なんでしょうか?

疲れ目と運転の関係について考えてみましょう。

疲れ目が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

疲れ目で目を動かすと痛い!

眼精疲労になった時、目を動かして横をみたりするだけで、ひどい痛みが走り、重く開かなくなるということがよくありました。

目を動かすと痛いという状態は、疲れ目程度では起きないと思うので、眼精疲労だと考えて間違いないでしょう。 

動かしただけで痛いなら、本当に目を開ける気もなくなってしまいます。下を向くことしかできないと、気分も落ち込みますよね。

下ばかり向いている明るい人に、出会ったことはありますか?

やっぱりポジディブで明るい人は、胸を張って上を向いている印象が強いですよね。

眼精疲労になると下を向く機会が多くなると、うつ病などの病気になってしまう可能性も高くなるということです。 

私は眼精疲労になってから、うつ病になりました。目の苦しみから、うつ病になったと思っていましたが、姿勢も原因の大きな1つだったんでしょうね。

眼精疲労の不安感と倦怠感からうつ病へ!目を開けてられない?

sponsored link

目は無意識に動くので制御できない…

目を動かすと痛いという状態なら、「目を動かさなければいい」という答えが返ってきそうです。

ですが目はかなり無意識に動くものです。横で人が通ったり、何かにつまずいたり、虫が飛んできたり、目が動いてしまう場面は日常生活で数えきれません。

それが繰り返されると、目を動かさないつもりでいたにもかかわらず、動かしてしまっていることにより痛みが強くなり、苦しくてたまらなくなってしまいます。

私は動かすと痛みとさらに鉛が乗っているかのような、目の重みに悩まされました。

本当にどうやったらこれだけ目が重くなるのか…。呆れてしまい笑ってしまうほどでした。 

運動すると目を動かしても大丈夫なようになる傾向があったので、テニスの壁打ちをよくしにいきました。

ただある程度身体を動かして温めないと、目を動かすと痛いので、走ってからテニスしてましたね。

実際走らずにテニスをしようとしたら、高いボールを見上げた時に、信じられないほどの激痛が起こりましたから。 

運動することにより目の血行がよくなることで、凝り固まった筋肉が一時的にほぐれて、テニスの最中に目の不快感を、感じることがなくなっていたんだと思います。 

ですが本当にそのテニスの帰り道に、動かすと痛いという眼精疲労の状態が再び出てきて、自転車に乗れなくなり、ゆっくりゆっくり歩いて帰るということが何度もありました。

疲れ目が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

目が痛いと普通に生きれない

目を動かすと痛いという状態なら、車やバイクの運転は厳しいんじゃないでしょうか。というより私の場合は、日常生活すらまともに送れていませんでしたから。

友達と会うときも、私は目を閉じてアイマスクを付けて、話しているときがありました。笑 

友達の部屋にはテレビがありますし、観ないようにしてもどうしても目が行ってしまいますから。アイマスクならそのような心配はなく、目を休めながら会話に集中することができました。

このような状態で仕事をすることも無理です。もし私と同じような状態なら、治すことに全力を尽くしていただきたいですね。 

私は今では上を向いたり、目を見開くと、今でもしんどくなりますが、基本的な日常生活は全然普通に送れています。

以前は目を見開いたら、その日の夜寝るまで目が重くしんどい、ということになっていましたから。

私は結構目を見開く癖があったんですよね。あと上をみる癖もありました。これらの癖は眼精疲労の時には、苦労しましたね。笑 

目が痛くても癖で、上を向いたり、目を大きく開いたりしてしまうもので、そのたびに後悔していました。

まあ、この苦しみを乗り越えたら、なんだってできるようになりますよ。

そう思って治しましょう。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ