pcで目がチカチカしてくまがすごい!負担軽減の方法は?

f7ea0dff576f6a5e624a2efe0fda62b1_s

pcをずっとしていると目がチカチカするときありますよね?

私も毎日のpc作業で、くまがすごいと言われたことがあります…。

pc作業の負担を軽減する方法はあるのでしょうか? 

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

pcで目がチカチカしてクマがとれない!

私は半年前の12月半から3ヶ月間ほど、仕事で毎日一日中pcを使っていました。

毎日ぐっすり寝て目薬を欠かさず、使っていたにも関わらず、一日中パソコンを使うと、次の日にまで疲れが残ってましたね。

疲れが残ったまま翌日pcを再び使うので、疲労がとれる訳がないんですよね…。 

限られた時間で運動してみたり、遠くを見たりしていたのですが…。やはりパソコンを使うのをやめない限りひどい眼精疲労は大きくは改善しなかったです。

こういう生活を続けていると3ヵ月ほど前の2月頃に、「くまが凄く目立つ」ということを上司から言われてしまいました。

元々3年前から眼精疲労はありますが、毎日運動していたので、今まで「くま」は全然なかったのですが、日中のパソコン作業で疲労が蓄積されていたようです。

3年前に眼精疲労になってから毎日一日中pcを使うことなんてなかったですからね…。

毎日1時間運動しているのですが、一日中のpcによる目の酷使で「くま」ができてしまいました…。 

やはり疲れ目からくる「くま」を改善するには運動よりも、疲れの元自体をやめなければならなかったようです。

 仕事中のパソコンで眼精疲労がきつい!疲れ目で退職はあり?

PCをやめるとクマが減った

3月半ばにパソコン作業の仕事が終わり、ほとんどpcを使わない仕事内容に変わりました。

5月28日現在、鏡を見てみたところ、「くま」は大分少なくなっています。特に蒸しタオルとかで対処はしていないですが…。 

やはり「くま」をとるには、pcをやめることが一番良いのかもしれません。

まあ家でもpcやスマートフォンを使うので、今でも1日2時間~3時間ぐらいは液晶画面をみているのですが…。

3月まで1日10時間以上pc使っていましたからね。笑 

それに比べたら少ないので。

寝不足な日は目がチカチカすることもありましたし…。

やはり「1日10時間もpcをする」というのはかなり異常な状態だということが分かりましたね。

ですが仕事柄、pcを使う人は、どのようにして負担を軽減していけば良いのでしょうか? 

sponsored link

趣味のPCで極力目に負担をかけない

まずは帰宅後のpcやスマホやは制限した方が良いでしょうね。

特に寝る前のpcやスマホは、次の日まで疲れが残ることになるかもしれません。夜はどうしても目が疲れています。それは日中pcを使っていなくてでもです。 

私は家では2時間ほどpcを使うのですが、今までは仕事終わりにpcを2時間していました。

眼精疲労があるので痛みや重みを、感じることが多かったんですよね。 

ですがある時から朝2時間早く起きて、朝にpcをするようにしてみたところ、眼精疲労を感じにくくなりました。また朝のpc作業で、翌日疲れが残ることは私の場合はありません。

つまり夕方や夜のpcは眼精疲労を感じやすいということです。

なので家でpcやスマホを良く触る人は朝に使いましょう。それが私の負担を軽減する方法ですね。

実際今ブログを書いている時間も、朝の5時半ですから。笑 

朝は集中力も増しますし、車もあまり通っていませんから静かでいいですよ。

また比較的大きなディスプレイのpcの方が疲れが感じにくいと思います。私は15インチほどのpcですが、10インチのpcを使うと目が疲れやすく感じますから。 

あとは窓を開ける方がいいですね。自然の光は目にとって良いですし、私は日中部屋はカーテン全開ですよ。笑

目に負担があると思ったら、休みの日だったらすぐに散歩に出かけるようにしてます。15分ぐらいでも日の光を浴びると、目も気持ちも楽になりますからね。

休みだけどなんだか気分が晴れない時は、外に出て散歩をしてみてください。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ