ドライアイの傷が治らない!ゴロゴロ痛いのはどんな感じ?

bfecb4f6c0f857a740d121084a2c3505_s

ドライアイの傷がなかなか治らないと、痛みで精神的にも参ってしまいます。

ゴロゴロと痛いのがどんな感じがか想像できない人も多いと思いますので、ドライアイによる私が感じた症状を解説しますね。

ドライアイの傷が治らない

ドライアイになった当初は目の傷ができていなくて、特に痛みを感じることがなく重みの方が強かったですね。

目に涙が少ないので瞼が開きにくく感じるんです。

疲れ目と非常に似ている症状が私は出てきました。

ドライアイも疲れ目と同じじゃないかと思って、目を使った翌日に眼の表面がザラザラとして、明らかに傷があるのが分かりました。

眼科に行って目の涙の量を検査してもらうと、少ないし、まばたきでしっかりと瞼を閉じることができていないので、ちゃんと閉じるようにアドバイスしていただきました。

ただまばたきは無意識なので、これをコントロールするのって相当難しいんです。

というのも、まずスマホやパソコンを見ている時って非常にまばたきが少なくなっていると言われています。

この集中している時に意図して目をつむるようにするのってできる人いるんですか?

そんな器用な人がいるのなら、天才なんじゃないですかね?

例えば、ネットじゃなくても、映画とか見ている時に途中でまばたきを意識できますか?

そんなことしていたら内容に集中できなくなりますよ。

傷があるのはどんな感じなの

眼の表面に傷がある感じは、眼の表面がざらついているような感覚です。

普通はまばたきをするとつるつると滑るような感じでしょうが、ザラザラしているんです。

もしかしたら私とは違うような感じ方の人もいるかもしれませんけど…。

このざらつきが酷くなってくると痛みも出てくるようになって、痛いと目を開けるのが苦痛になります。

そんな目の表面に痛みがあると、目を使うような作業をする気持ちになんてなりませんよ。

私は20代前半でこの状態になって、今後、目がどうなってしまうのか、これから働けるのか、恐怖だらけでしたよ。

ドライアイに慣れてしまわないように

ドライアイの症状もずっとあると、なんだかその状態が日常になってしまって、発症当初よりもストレスが減ってしまいます。

ドライアイになりたての頃は、健康な目を失われたことにより、ショックもあったりしますけど、ショックな状態が永遠と続けば受容しようとしてくるものです。

もちろん症状が強ければ、辛いかもしれませんが、それでもやっぱりどこかで慣れてしまうんです。

私も目のトラブルは散々してきましたが、今はもう慣れて、あまり神経質にならないようになりました。

しかし受容するのと、治療の放棄は全く別ですので、これを同義にしてしまうと、更なる悪化に繋がるかもしれませんので注意が必要です。

私は受容はしましたが、しっかりと医者に言われた目薬は使っていますから。

ドライアイ以外の可能性

私はドライアイだと思っていたら、遠視と外斜位による眼精疲労だったこともあるので、もしずっと治らないのなら他の病院を受けても良いのかもしれません。

私は30件以上の眼科を巡ってようやく自分の目のトラブルの全貌が分かりました。

地元の田舎の病院だけじゃ、少し頼りないところもあったんです。

東京の病院で、私の目の病気の全てが解明されたので、都会は病院の選択肢も多くて、健康面からもメリットが多いと感じています。

言ってしまえば30件以上かけてやっと解明されたということは、30件連続で誤診され続けてきたということですからね。

医療に誤診はつきものなのかもしれませんが、それでも納得できないですし、誤診しておいて偉そうにしていた医者には腹が立ちますけどね。

ただこの病院巡りで、医者も適当な人が多いことが分かったので、今後同じく原因不明の病気になった時に、この経験が大いに役に立ちそうです。

あとがき

2016年も目の健康に良いことをたくさん試してきたのですが、眼の疲労感が最も改善したのがブルーベリーサプリです。

ずっと眼がしんどかったのですが、毎日飲んでいたら、眼の違和感が改善しました。

2017年2月24日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも目に対する悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでブルーベリーサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が良くなったブルーベリーサプリはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ