プリズム眼鏡を半年使った感想!適応できるまでが大変?

img_3199

プリズム眼鏡を半年使っているので、どんな感じか感想を書いていきたいと思います。

適応できるまで、どのぐらいの期間が掛かったのか…。

また、半年で眼精疲労は完全になくなったのでしょうか?

ちなみに私は外斜位で2.5ずつプリズムが入っています。

プリズム眼鏡を半年使った結果

たまたま都内で目薬を貰うために、眼科を巡っていたら、私が外斜位であることを教えていただき、突如としてプリズム眼鏡をかけることになりました。

眼鏡なんて、まともに使ったことがなくて、慣れるかどうか心配だったのですが、もう早いもので、その時から半年が経っているんですよね。

半年間も眼鏡を常用しているのですが、かけていると見えやすいですし、疲れがなくなっていきます。

眼鏡をかけるまでは、歩いたり、上を見たり、文字を読むような、些細な事で目の周りが麻痺したかのような疲労感が訪れてきたのですが、眼鏡を付けているとそのような事にはなりません。

まあ私の場合はかなり外斜位が強いそうなので、効果が高いのかもしれませんが…。

眼鏡屋さんに私のプリズムは「割りとしっかりと入っている方である」と話されていたので、決して弱くはないみたいですね。

最初は遠近両用のプリズム眼鏡を使っていたのですが、視野が狭くなると感じたので、プリズムだけに変えてもらいました。

私はデスクトップパソコンですので、遠近両用の機能が十分に活かしきれなかったんですよね。

ノートパソコンやスマホだけなら遠近でも良かったんですけど…

ただプリズムだけでも十分に疲れにくいですし、遠くも綺麗に見えるのでいいですね。

sponsored link

適応できるまでの期間は?

遠近両用のプリズムレンズは慣れるまでに2週間ぐらいかかりましたね。プリズムに適応するのが大変だったというよりも、遠近両用の方が難しかったです。

その後プリズムのみに変えたのですが、遠近が抜けたので、慣れるまでに2〜3日程度は掛かりました。

遠近だと下側のレンズで見ると大きく見えるので、それがなくなったことにより、スマホや地面が遠くなったように感じましたね。

ですがプリズムだけだったら、近視などの度数は入っていないので、すぐに慣れると思います。

ただ久しぶりに眼鏡を外したりして、外に出ると、全然見え方が違うので混乱しそうになりましたけど。

sponsored link

眼精疲労は依然として残っている

眼科医はプリズムで眼精疲労が改善していくし、視力もどんどん良くなっていくと話されていましたが、流石にまだそのレベルまでは回復していません。

眼精疲労が改善したら眼鏡を外しても疲れないということですが、今は眼鏡を外せばすぐに疲れが出てきますからね。

スマホなどの小さい文字を見る機会をなくして、プリズム眼鏡をかけながら、遠くばかりを見ていれば改善するのかもしれませんが、仕事もあるので、それは不可能なんですよね。

1週間ぐらい休んでみてもいいですが、それで完全に治らなかったら、その期間が水の泡になってしまいますからね。

それに社会人である以上、仕事のメールを返す必要は毎日ありますから、やっぱり文字をずっと見ないような生活をすることは、たとえ1週間であろうと不可能です。

なので目を酷使しながら、プリズム眼鏡以外の側面から目のケアをしていかなければなりません。

目にいいものを食べたりとか、睡眠をしっかり取ったりですね。

眼鏡を買ってからは、目のケアを全くしなくなって、ずっとパソコンを休憩もせずに見続けています。

性懲りもなく、目を使い続けているので、また何かの病気になってしまう可能性もありますよね。

目の不快な症状がなくなれば、以前になった目の大きな病気のことも忘れ去ってしまうものです。

これは目だけでなくあらゆる病気で同じだと思います。

腰痛がひどい人ほど腰を労って、色々とケアに励むと思いますが、治ってしまえば何もしなくなって、また悪い姿勢で過ごすようになるでしょうから。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ