プリズム眼鏡で見え方がくっきり!疲れないって本当?

img_3205

外斜位による疲れ目で、視界がいつも霞んでいました。

もう元のくっきりとした見え方は取り戻せないと思っていたのですが、プリズム眼鏡をかけただけで見え方がくっきりになったんですよね。

多少目を使っても疲れないですし、外斜位で疲れがきついのなら、プリズム眼鏡がおすすめです。

プリズム眼鏡で見え方が全然違う

2012年に突如として私に舞い降りた眼精疲労は、外斜位が原因だったんですよね。

斜位なんて普通の人はなかなか聞く言葉ではないですよね。

眼科に4年以上通い続けている私でも、今年になって初めて知りましたから。

この斜位が私の疲れの全ての根源であり、これさえなければ私は眼精疲労に悩むことはなかったのです。

眼科でプリズム眼鏡を試しにかけさせてもらった時に、視界が一気に変わったんです。

今までは遠くは常にぼやけていますし、視界は霞んでいるのが当たり前で、それは視力の低下によるものだと思っていました。

視力が悪いからこそ全体にボヤがかかっているような見え方になっていると思っていたんですよね。

しかし視力を測定すると、0.3〜0.7をウロウロとしているので、決して視力が絶望的に悪いわけではないのです。

にも関わらず周りが見えにくいので、測定視力と自分の実感に大きな差がありました。

そしてその差の要因こそが、斜位であり、プリズム眼鏡でその差を埋め合わせることができました。

今は通常の視力通りの見え方になっているんですよね。

疲れにくさが段違い

プリズム眼鏡は見え方だけでなく、かけているだけで疲れにくいんですよね。

眼精疲労だと、常に疲労感が目の周りから無くならないので、仕事以外は目を使わないようにしていました。

スマホは持っていますが、本当に必要な場合以外は使うことを避けていましたしね。

外斜位による眼精疲労があると、本当に何をしようにも疲れてしまってまともに目を動かすことができません。

目を開けただけで、すでに眼の筋肉を頑張って使っている状態になってしまっているのですから。

しかしプリズム眼鏡をつけると、その外斜位の目の内側に寄せる筋肉を休めることができるので、楽に決まっているんです。

付けているだけで疲れが取れる

プリズム眼鏡をつけたことがないと、効果に対して半信半疑になるかもしれませんが、外斜位がもしあるのなら、疲れが解消されると思います。

私も眼鏡なんかで疲れが取れるわけがないと思っていました。

以前に近視用の眼鏡を買ったことがあって、逆に眼精疲労が悪化した経験があるので、眼鏡自体を付けることに大きな抵抗もありましたから。

ですが、プリズム眼鏡をかけたら、近視用の眼鏡とは全く違うことが分かりました。

別に度が入っていないのに遠くが見やすくなるので、視力が上がったような錯覚がありますね。

まあ実際にくっきり見えているので、視力も上がっているのかもしれませんが…。

疲れがなくなり、見え方も改善できれば、眼精疲労の悩みが解決したようなものです。

ただスマホを使い過ぎると疲れが出るときもあるので、使いすぎには注意ですけどね。

現在は「スマホ老眼」という言葉が出現した通り、目の酷使が社会問題に発展しているので、プリズム眼鏡を使っているからと言って、目のケアを怠るのは非常に危険でしょう。

私の眼鏡にはブルーライトカットが入っていないので、スマホを長時間使うようになれば、眼精疲労でスマホを避けていた時によりも、大量にブルーライトを至近距離で目に取り入れることになります。

そうすれば、目にとっての悪影響が蓄積されていくわけで、このプリズム眼鏡がきっかけで、スマホ依存になって将来、目の病気になる可能性も無きにしもあらずなんです。

なので眼鏡があるからといってスマホばかりせずに遠くを見るようにしていかないとだめですね。

 

あとがき

2016年も目の健康に良いことをたくさん試してきたのですが、眼の疲労感が最も改善したのがブルーベリーサプリです。

ずっと眼がしんどかったのですが、毎日飲んでいたら、眼の違和感が改善しました。

2017年3月24日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも目に対する悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでブルーベリーサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が良くなったブルーベリーサプリはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ