疲れ目をメガネで防止できる?スマホやパソコンが楽になる!

img_3201

疲れ目をメガネで防止することができるのでしょうか?

私は外斜位と遠視なので、裸眼だとどうしても疲れや違和感を感じやすいのですが、遠近両用のプリズム眼鏡をかけると大分マシになります。

スマホやパソコンをするときは眼鏡無しなんて考えられません。

斜位と遠視があるとメガネ無しはあり得ない

私は斜位と遠視があるので、裸眼で生活しているだけで疲れやすい状態です。

小さい頃はまだ子どもだからか疲れを感じることはありませんでしたが、大人になってから近視作業が増えることにより疲れが顕著に感じるようになりました。

子供でも最近ではゲームやタブレットを使うことが多く、近視作業が増えてきていると思いますが…。

確かに私の時代もゲームがありましたが、今ほど綺麗な画質ではなくまだまだモノクロの携帯ゲームやカセット式のゲームでしたね。

長時間するときもありましたが、飽きてしまえば外で遊ぶことが多く、ゲームオタクのような子供ではなかったんですよね。

もしかしたらたくさんゲームをしたら疲労まではいきませんが、負担に感じていたのかもしれないです。

あまり近くを見るのが好きではなかったのも無意識ながら「見にくい」というのを感じていたのでしょう。

まあ学校に行っていれば、座学以外の時間も多いので、そういう時間に目のピントを休ませることができているのかもしれなかったですね。

だって体育とかだと広いグラウンドを見渡せる訳ですから、すごい目にいいですよね。

働き始めてからそんな遠くを見ながら運動する機会なんてないですし。

ただ大人になってからは、そんな運動場を使うような事がないからか、眼精疲労もあるので、もう眼鏡を使わずに近視作業をするつもりにはなれません。

sponsored link

スマホを裸眼でするとすぐに疲れる

私のスマホは4インチなのですが、この小さなスマホを見るときは必ず眼鏡をかけるようにしています。

普段から眼鏡を常用しているのですが、家の中だと外すことも多いんです。

そのまま裸眼で漫画を読んだりすることもあるのですが、小さい絵だけでも疲れてくるんですよね。

眼鏡をかければ嘘のように疲れが取れるので、やっぱり私にとっては必需品なんです。

ただ視力自体が悪い訳ではないので、別に外しても普通に見えるので、外してしまうことが多いんですよね。

やっぱり眼鏡が顔の上に乗っているのは好きにはなれませんから。

sponsored link

メガネに慣れるまでが問題である

眼鏡で疲れ目を感じないのなら、それで万事解決ではないかと思われそうですが、眼鏡自体に慣れるのが大変なんですよ。

遠近両用という眼鏡は下側は近くを見る用で、上側は遠くを見る用なのです。

理屈では分かるのですが、このレンズのピント合わせが難しく慣れるまでに時間がかかります。

小さい文字を読むときはレンズの下の方を使う必要があるので、見下すような角度で見るとちょうど文字が大きくなって見やすくなるのです。

スマホなどの下を向くものは簡単なのですが、上の小さい文字を読むときは、遠近両用の効果が発揮できないんですよね。

だって下側しか近くを見る用の度が入っていないので、見上げる場所にある小さい文字は大きく見えないのです。

まああまり上に小さい文字があることは少ないかもしれませんが…。

またレンズ以外にも眼鏡が初めてだと「眼鏡をずっとかけるということ」自体にも慣れていないんですよね。

最初は鼻や耳のあちらこちらに不快感を感じて、50回は眼鏡屋にいきましたね。

半年経ってようやくフィッティングは慣れてきましたが、それまで本当に大変でしたよ。笑

ただ慣れてくれば、眼鏡をかけていることすら忘れるようになるので、慣れるまでの辛抱です。

以前までは食事をするときは必ず眼鏡を外していたのですが、最近は眼鏡をかけている方が見やすいので、外すことがなくなりましたね。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ