スマホ老眼の原因は外斜位と遠視だった!メガネで改善できるの?

img_3188

スマホを少し使っただけで、目の周りが重くなり、常に霞がかった視界になってしまうのですが、こんなことって普通の人ではないですよね。

スマホ老眼と言っても、多少目が霞む程度であり、私のように酷い眼精疲労まで引き起こすのは稀でしょう。

私がスマホで疲れやすいのは外斜位と遠視が原因だったんですよね。

外斜位と遠視の為のメガネでスマホ老眼が改善の方向に向かっているので、参考にしてみてください。

スマホ老眼が改善したブルーベリーサプリはコチラ

スマホ老眼の原因は?

スマホ老眼と言っても、症状は個人によって違いがあるので、気にならないレベルの人や、私の様に仕事もままらないほど疲れてしまう人もいるでしょう。

スマホ老眼の原因はスマホを始めとした、電子画面であるのは当然なのですが、同じ画面を見ても疲れる人とそうではない人がいますよね。

私が圧倒的に疲れやすいのですが、その原因は外斜位と遠視をセットで持っているからなんですよね。

このセットがかなり驚異的で現代においては不便極まりないんです。

外斜位と遠視のセットって最悪だ

外斜位と遠視のセットって、ある意味近くを見ることに適していないような目であるような気がします。

私は眼精疲労が酷い時は瞼を開けているだけで辛かったのですが、これはおそらく外斜位で、外側が定位置の目が、開けることにより内側に寄せているので、それだけで目の周りの筋肉を使っていることになっていたんです。

なので私は眼精疲労があるときは開けるだけで疲労感があったのです。

いくら遠くを見ても、目の位置を内側に寄せれるように頑張り続けている訳ですから。

この外斜位だけなら、まだマシなのですが、私は本来遠視でもあるので、更に近くが見えにくいのです。

つまり非常に疲れやすい目であるので、通常の人よりもスマホやパソコンで疲労が蓄積しやすいので眼精疲労になりやすかったのでしょう。

スマホ老眼が改善したブルーベリーサプリはコチラ

見た目で分からないからこそ発見できない

外斜位や軽度の遠視は、特に目のトラブルに悩んでいなかったら問題なしなので、私は自分がこれらの目の特徴を持っていることを最近まで知りませんでした。

そもそも外斜位なんて目を閉じているとき以外は正常であるわけで、眼科に行かないかぎり発見することはないでしょう。

眼科でも眼位の検査をしないところも多いですからね…。

実際に私は2012年から眼科に通っているわけですが、2016年まで斜位があることを知りませんでしたから。

「軽い斜視がある」という説明を受けたことがありますが、おそらくそれが斜位の事だったのでしょう。

この時に斜位について理解の深い眼科医に出会えればもっと早くに治療できていたと思いますけどね。

地元で医大の次に有名な眼科だったんですけどね…。

メガネで改善の方向に

外斜位ならばプリズムを入れて、遠視ならば遠近両用のレンズを入れれば、大分疲労を感じにくくなるとのことで眼科で処方してもらいました。

確かに眼鏡をかけてからは疲れが大きく改善していきましたね。

そもそも外斜位であり、普段から視界がぼやけていたのですが、生まれた時から外斜位であるので、それが普通の世界であると思っていたのです。

だからこそプリズムをつけた時の感動はすごかったですね。

遠くも近くもくっきり見えるので、今まで文字を読むときに行を飛ばしたりしてしまうことが多かったですがそういうことがなくなりましたから。

小さい文字を読むことを避けることもなくなったので、本を読むことも好きになりましたよ。

ただ完全に眼精疲労がなくなった訳ではなく、今でもスマホ老眼のような症状があります。

やはりスマホの時間を控えたり、サプリメントで目のケアをしていくことは避けられないようですね。

スマホは仕事で使うので、控えようと思っても限界がありますが…。

あとがき

2016年も目の健康に良いことをたくさん試してきたのですが、眼の疲労感が最も改善したのがブルーベリーサプリです。

ずっと眼がしんどかったのですが、毎日飲んでいたら、眼の違和感が改善しました。

2017年2月26日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも目に対する悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでブルーベリーサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が良くなったブルーベリーサプリはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ