慢性的な疲れ目はケアしたほうがいい!ピント調節を大切に…。

ce629b5a03f335333074d98cf4755b23_s

慢性的な疲れ目を「ちょっと休めば大丈夫だろう」というような軽い気持ちで、見てみぬふりをしている人も多いのではないでしょうか?

私も目薬を使ったりサプリを飲んだりしておけば、見えなくなることはないだろうと考えていました。

ですが慢性的に頭痛があったりするので、集中が落ちていったり、気持ちが沈んだりしてしまうんですよね。

眼精疲労専門の眼科に最近行ってからは快調なので「なんでもっと早くにこの病院に行かなかったんだろうか」と後悔しました。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

慢性的な疲れ目ってやばいよね?

4年も眼精疲労の状態が続いていると、もう当たり前になってしまって、特に危機感とかはなくなってくるんですよね。

最初の1年ぐらいは「俺の眼ってどうなるんだろうか?」「30代で失明しないだろうか?」なんて考えていましたが、時が経つにつれて、そのような状態でもなんとか目が使える方法を模索して生活していっていました。

たまに眼科に行くときに、相変わらず治りもしない眼のことを診察の待合室で考えたりしますが、評判のいい大学病院の先生に見てもらえれば安心してしまうんです。

大学病院や有名な病院の本を出版しているような先生のいうことは全て正しいと思っていたんです。そんな単純な頭しか持っていないんですよ。笑

sponsored link

余裕があるなら、良い眼科が見つかるまで頑張れ

私は金銭的な事情で、なかなか眼科をたくさん受けることができませんでした。また当時はパソコンも家になかったですし、スマホではなく携帯電話の時代でしたから、なかなか自分でしっかりと眼科を探すことができなかったんですよね。

なので、家の近くの眼科⇒身内の口コミ⇒大学病院、という流れになって受診をしていきました。

受診料は全て親に払ってもらっていたので肩身が狭かったですね。眼科って検査をたくさんするからなのか、初診で2000円、3000円とかするのが多いんです。

1回5000円の眼科とかもありましてお金が足りずに、次回の診察まで立て替えてもらったこともありますね。

結局4年後に上京した後に、調節や眼精疲労などを専門的に見ていることで有名な眼科を受診して、理解のある先生に出会えたんですよね。

私は特に眼の対策はしてこなかったのですが、適切なメガネをかけて、サプリなどで眼の健康を守っていくことが一番近道なんですよ。

私は斜位なのでプリズム眼鏡が必要だったのですが、斜位ではないならメガネはいらないかもしれません。

自分で健康を守れるようになるには?

人間の身体は食べた栄養でできている訳ですから眼に良い物をずっと食べていると目の悩みが消えるのは当然ですよね?

私はこのことに気づいていなくて短期間しかアスタキサンチンを摂らなかったんですよ。

食事も面倒なので、野菜も食べずにコンビニ弁当やおにぎりが多かったです。

ですが考えてみたら、運動が趣味で、食事も野菜中心でいつも笑顔の健康を絵に描いたような人物が目の疲れで悩むって考えにくいんですよ。

逆に私のように根暗だから、多少の目のストレスにも過敏に反応してしまうんだと思うんです。

サプリなんて意味がないという人もいますが、サプリが意味がないのなら、サプリを売っている会社は全て破産していると思います。

それが売れ続けているということは理由があるのでしょう。

sponsored link

眼の悩みは人生の悩みだった

眼の悩みから私の根暗はより一層深くなり、健康な人間の嫉妬のオンパレードでした。

本当に街を歩いている人全員にイライラしていましたし、ずっと眼の痛みを恐れながら生きていました。

そのような状態では将来は絶望なので、毎日10年後、20年後の自分の人生に不安を感じていたんですよね。

ですが目がよくなってからは、将来に対して期待しかなく、毎日未来のことを考えるのが楽しくて、人生を謳歌しています。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試しているのですが、眼の疲労が最も改善しているのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

2017年8月18日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ