スマホの長時間のやりすぎで目が悪くなる?対策は保護シート!

79fccf1fe6fa9af6a619c4646d113fd6_s 

スマホを長時間していると、目が悪くなるのは当然ですよね。やりすぎると様々な健康被害が、出てくる可能性があります。ということで、対策方法を紹介しますね。

なんでも保護シートが目の疲労に効果的なんだとか…。

眼精疲労が改善したサプリはコチラ

スマホを長時間やりすぎてるけど、目は大丈夫?

スマホって使っているとあっという間に、時間が過ぎて行ってしまいますよね。

この前新幹線に乗った時の話なんですが、人が多くて座れなかったんですよね。あたりを見渡してみると、スマホを見ている人ばっかりなんですよね。本当に関西から東京までずっとスマホ見ている人とか…。笑

2時間半もスマホを見続けるのは、健康な目を持っている人でもしんどそうですけど。笑

スマホを長時間やりすぎると、眼精疲労になる可能性がかなり高まると思います。

特にスマホで一日中ゲームとかしている人いますよね。「あんなに小さい画面でよくできるな~」なんていつも感心しつつも、目がしんどくないのかという疑問も出てきます。 

まあ2時間半の間に10分休憩を2回は入れるべきだと思います。

1時間ごとに10分は休憩がいると思うのですが…。5分じゃ少し短いように感じますし、15分じゃ長すぎるようにも思います。5分を推奨されている人もいますが、スマホは目が特に疲れやすいので、10分は休憩を取るべきです。

私も眼精疲労になる前は、3時間以上連続で携帯とかを触っていましたが、そういう休憩をとらない目の酷使も眼精疲労になった原因の可能性もあります。

また1日1時間以内にスマホの時間をとどめるべきでしょう。

スマホの平均使用時間が、2時間程度と聞いたことがあるので…。

つまりスマホを持っている人は、毎日2時間目を酷使しているんです。 

私はスマホを買った1ヶ月後に眼精疲労になりました。もちろんスマホが直接的な原因ではないですが、小さな1つの要因になっていた可能性はあります。

眼精疲労が改善したサプリはコチラ

小さいころから目を酷使しても良いのか?

また私の弟はゲームが好きで、小さいころから毎日1日3時間ぐらいゲームをしてたんですよね。

そうすると視力が次第に落ちて行き、メガネをかけることになりました。メガネをかけるようになってから、親がゲームをやらさないようにしたりして対策してましたね。 

「大人より子どもの方が視力が落ちやすい」というのは有名な話ですよね。

今は子供たちでもスマホやタブレットなどを毎日活用する時代ですので、昔以上に視力低下が問題になることが考えられると思います。

これだけ小さい頃から目に負担をかけていると、この子供たちが大きくなって大人になった時に、今までになかった目の病気が問題化してくる可能性はあるんじゃないでしょうか?

そして、それは我々大人も同じです。

私は20代半ばですが、小学生の頃からゲームをしていました。小学生の頃から液晶画面を見たりして、目を酷使している人が高齢者になった時の目の病気のリスクはどうなるか見当もつきません。

なぜなら今の高齢者は液晶画面とは、無縁の生活を送っていた人ばかりなので。 

スマホどころか、パソコンすら高齢者の子ども時代はありませんでしたし、仮にパソコンが今の高齢者の若い頃に発売されていたとしても、それが家庭に普及したのはもっと後です。

まずノートパソコンが最初に発売されたのが26年前です。65歳の人の26年前は39歳ぐらいですかね。家庭に普及したのが、大体17年前ぐらいと言われています。一般家庭のパソコンですら、まだ17年の歴史しかないんですよ。

つまりスマホどころか、パソコンによる目の健康被害もまだまだ未知数でどうなるか分からないでしょうね。

私はパソコンを買ったのが6年前で、眼精疲労になったのが3年前です。私のように3年ほどで眼精疲労になることもあるので、その人の免疫力や環境も大切になってくるのでしょうね。

正直、眼精疲労になりましたが、私より目を酷使している人はたくさんいると思いますから。

眼精疲労が改善したサプリはコチラ

ブルーライトカットのシートが良い

対策としては、ブルーライトから目を保護してくれるシートがオススメです。

PCメガネでも良いのですが、保護シートだとメガネを忘れても、ブルーライトから守ってくれますしね。

特にパソコンやテレビなどのように画面に直接タッチしないものは、シートを貼っておいても特に不便を感じることはないはずですから。

一度貼っておくと、はがれることはないでしょうし、特にテレビなどは長時間見てしまう傾向があるとおもうのでいいのではないでしょうか?

シートを貼るのが辛気臭いと感じる人は、液晶テレビの画面を暗くするだけでも良いのでしてみてください。多分最初の設定だと明るすぎると思うので…。

私の家のテレビも明るさが最大だったのですが、±0ぐらいの明るさに変更しても全然違和感なく見れます。親も高齢なので、あまり明るすぎる画面は目にとって良くないと思いますしね。

特に父親は遅くまで明るいテレビを見る癖があるので少しでも、ブルーライトを少なくしないと寝れないようになってしまいます。

寝付きが悪く、すぐ目を覚ます癖があったのですが、画面を暗くして少しは寝れるようになったようです。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ