ストレスが原因で視力低下!眼精疲労との関係は?

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

ストレスが原因で視力低下や眼精疲労になるという噂がありますが本当なのでしょうか?

なんでも自律神経が関係があるんだとか…

今回は目とストレスのつながりについてお話します。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

ストレスは目に最悪!

現代はストレス社会と言われていますよね。人間関係や仕事、勉強など…。子どもでも親や学校などストレスが溜まっていく時代です。

ストレスを完全になくすことはできないですが、うまく軽減することが大切だと私は思っています。

というのも完全にストレスをゼロにすることは不可能です。何一つ悩みが無さそうに見える人でも悩みはあるものです。 

なのでゼロにしようとすると返ってストレスがたまるので、「ゼロは無理だけど、そこを目指す」ぐらいの気持ちでいた方が良いのかもしれませんね。

余談はさておき、ストレスと目の関係についてですが、これは自律神経が関係しているんですよね。

自律神経は交感神経と副交感神経というものがあります。 

交感神経は緊張しているときに活発になり、副交感神経はリラックスしているときに活発になります。

さて問題です。

ストレスが溜まっているときは

  • 交感神経
  • 副交感神経

のどちらが優位になっているでしょうか?

正解は、交感神経が優位になっています。

1日中ストレスを感じている人は、1日中交感神経が優位になっている、ということです。

交感神経が優位になると、呼吸が浅くなり、血管が収縮してしまいます。呼吸が浅くなるということは、取り込める酸素の量が減るので、目の酸素量が少なくなってしまいます。

それは目の免疫力の低下につながります。

また血管が収縮すると、血行が悪くなります。目の血流が悪いことは、目が不健康ということになるので、様々な目の病気が出やすくなります。

つまりストレスは目にとって非常に悪いのです。

もちろん一時的なストレスで、いきなり眼精疲労や視力低下になることはないでしょう。長期間続く場合はそのようなリスクがあります。ストレスがずっとある状態は、目にとってだけでなく身体の健康にとっても良くないです。

 眼精疲労と自律神経の関係ついて!高血圧と便秘の原因?

交感神経がずっと優位だとどうなる?

交感神経が優位であると、アドレナリンの量が増えてしまいます。

アドレナリンの濃度が常に高いと血圧が高くなったり、ひどい場合は糖尿病の原因になったりします。

また瞳孔が大きくなるんですよね。常に瞳孔が大きいと目の筋肉の疲れてしまうので、眼精疲労の原因となってしまいます。

またストレスが溜まると空腹を感じやすくなりますが、過食をしてしまうと目にとって良くないんですよね。消化にエネルギーを使ってしまたっり、腸内環境が悪くなることで、目の血行不良が起こってしまいます。

他にも常時、交感神経が優位になることにおける、目の悪影響はたくさんありますが、ここまでで、ストレスが目にとって非常に悪いことは理解していただけたかと思います。

なので仕事で忙しい人も家にいるときぐらい、寝ているときぐらいはリラックスしてください。 

一日中リラックスするというのは難しいと思いますし、一日中、副交感神経が優位というのも良くないですからね。笑

「息が浅いな~」と感じる人は大きく深呼吸でもしてみてください。

呼吸というのは軽視されがちですが、すべての健康にとって一番大切です。それは食事や姿勢、生活習慣よりも大事なんですよ。 

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

ストレスをコントロールするのは難しい

目の不健康は、姿勢、ストレス、生活習慣、パソコンなど本当にたくさんありますし、いきなり全てを改善することは難しい、というより無理でしょう。

ストレスなんか自分でコントロールできたら、人生苦労しないですからね~。笑 

また視力が悪いことや眼精疲労があること自体がストレスになることもあります。

私は視力が悪いですが裸眼で生活しているので、潜在的にストレスがたまっていると思います。

やはりメガネをかけると、世界が変わったように感じますし。2.0ある人に比べたら全然違いますしね。 

私は病気でメガネやコンタクトが付けられないので、視力を何としてでも改善しなければなりません。

  • 視力が悪いこと
  • 目の疲労

で私も毎日ストレスを感じていますから

ストレスが目に悪いことをこれだけ自覚していも、ストレスをコントロールすることができないんですよね。笑

やはりストレスの根本を解決していくしか道はないのかもしれません。それは私にとって眼精疲労ということです。

ただストレスに強い心を作ることは大切で、私はそれは食事の内容で調節できると信じています。実際に私は昔は肉中心の食生活で揚げ物が大好きで毎日食べていました。

ただ眼精疲労になって魚を食べるようになり、野菜をたくさん食べて玄米を食べたりするようになりました。

欧米的な食事は極力控えて、和食を初めとした、アジアの食事を食べるようになりました。

そういう試みもあってか現在はストレスは限りなく少なくなりましたね。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ