スマホ老眼の症状に悩む…。眼科の目薬やメガネで対策中!

87070ef24da7a9e81af7204569c1044c_s

スマホ老眼ってなんなんだろう?と思って調べてみると、完全に私と同じ症状でチェック項目全てに当てはまっていました。

毎日スマホ使っているし、近く見えないのは私だけだと思っていましたが他の人もいて少し安心した次第です。 

以前はかすみ過ぎて、ほとんど何も見えないぐらいで、見えなくなるのではないのかと思いましたが、何とか眼科の目薬とか、サプリメントで復活したので、お話ししますね。

眼精疲労が改善したブルーベリーサプリはコチラ

スマホ老眼の症状とは

私のスマホ老眼の症状は基本的に、頭痛、吐き気、ピントが合わない、ぼやける、目が重くて痛い、など数え切れません。

調節機能に異常があり、何度か眼科で調節検査をしてもらうと、医者も笑ってしまうぐらい、びっしりと赤マークがついていて、異常状態になっているとのこと。 

目の調節機能は大切で、軽いうちは疲れ目ぐらいで、スマホをやめていれば治るかもしれないですが、酷くなってくると、私のように長い間苦しむ眼精疲労になる可能性もあります。

そんな私もスマホ老眼になってから色々対策したんですよ。

眼科の目薬で対処

まず眼科で疲れ目として診断されたのです。

「まあ目の使い過ぎでしょう」という診察しかしてくれませんし、ほとんどの患者が少し疲れ目の目薬を使えば治る程度でしょう。

ただ私は4年疲れ目の目薬を使い続けても治らず、常に近くも遠くも見にくい状態でした。

ブルーライト対策

ブルーライト対策もずっとしてきましたね。

pcメガネは常に付けていますし、画面もブルーライトをカットするアプリを設定して、画面の明るさを暗めにして、できるだけスマホから距離を置いて遠くから見るようにしました。 

それでも治らないのでスマホ自体の電池パックを捨てて、1ヶ月以上スマホを見ずに、ランニングなどの運動療法を取り入れても治りません。

スマホ老眼が改善したのは、目薬とメガネとサプリ

疲れ目対策とか色々して、眼の本とかも10冊ぐらい買って、眼科医にネットで相談したりしたんですけど、4年かけて改善を感じられたのは、眼科処方の目薬ですね。

目薬は調節機能を改善するものがたくさんあるので、それを使うと良かったです。視界が全然変わりますし。

また私は隠れ斜視(斜位)だったので、プリズム眼鏡をかけることにより、目の疲れやすさが減りましたね。

もしこのブログを見て、「斜視は私には関係ない」と思った人もいるでしょうが、私も以前まで自分が隠れ斜視だと思っていませんでした。 

眼科で斜視や斜位を検査して始めて自分が斜視であることを知ったんですよね。

斜位の人はかなりの割合でいるので、もし他の人より目が疲れやすいと感じたら斜位かどうかをチェックしてみてもいいかもしれません。

斜位用のメガネをかけると文字が読みやすくてドンドン頭に入ってきます。

生まれつき離れていたということで今まで勉強ができなかったのも斜位のせいにして、一から色々勉強してみる予定です。 

また4年間私は飲んでいない時期もありましたが、健康食品を続けていました。

目に良いサプリと言えば、ブルーベリーやルテインです。

どちらのサプリも飲んでいて、実際に見えやすさというのがクリアになったように感じます。 

ブルーベリーやルテインのサプリは中高年に売れている傾向が強いので、老眼などで悩んでいる人に売れていると推測できます。

老眼よりも治る可能性が非常に高い、スマホ老眼の人にも良いと思います。 

私はスマホ老眼が強すぎて、多くの場面で「見落とすこと」が多くなりました。

掃除をしていても、ピントが合わずに、拭き忘れることや、水をこぼしたかどうか薄暗いと分からないことなど。

特に薄暗いと見えにくく、そういう場所に行くのが嫌になってしまいましたね。逆に明るい本屋さんなどが好きになりましたね。

笑い話のようですけど、働いていると見えにくいのはかなり不便でミスにつながりますので、しっかりと目を休めるようにしてください。

あとがき

2016年も目の健康に良いことをたくさん試してきたのですが、眼の疲労感が最も改善したのがブルーベリーサプリです。

ずっと眼がしんどかったのですが、毎日飲んでいたら、眼の違和感が改善しました。

2017年1月23日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも目に対する悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでブルーベリーサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が良くなったブルーベリーサプリはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ