ブルーライトの目への影響って嘘でしょ?寝る前のスマホで睡眠障害に!

 af9920045389

最近ブルーライトという言葉がを良く聞くようになりました。

LED電気が発明されてから、液晶ディスプレイや、照明器具にLEDが使われるようになり非常に明るく生活できるようになりましたが、以前の製品よりブルーライトの量が増えて身体への影響が懸念されています。

ブルーライトが身体に悪いのは嘘だと思う人もいるかもしれませんが、嘘ではありません。

スマホのブルーライト量が一番多いと言われていて寝る前に、スマホを見ていると、ブルーライトの影響で睡眠障害や、メタボリックシンドローム、高血圧、糖尿病などの原因になると言わています。

実際にどのようにブルーライトと接すればいいのか考えていきましょう。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

ブルーライトは昔からある

ブルーライトは太陽も含まれていますし、ブラウン管のテレビの光や蛍光灯などからも発しています。

太陽のブルーライトの量は、LEDよりはるかに多いのです。なので太陽を直接みると、ブルーライト量が多すぎて目が見えなくなると言われているんですよね。

液晶画面などのLEDはブルーライト量は太陽に比べて少ないのですが、ブルーライトが目に当たる時間帯が重要です。

というのもブルーライトは悪い効果ばかりでなく良い効果もたくさんあります。

ブルーライトを日中浴びることは非常に大切で、メラトニンと密接に関わっているからです。 

つまり日中にはブルーライトに浴びることが大切で、夜にブルーライトを浴びるのがダメだというわけです。

なのでしっかりと日中に外に出て太陽の光を浴びるというのは、健康にとって欠かせないんですよね。

sponsored link

寝る前のスマホが睡眠障害につながる理由

寝る前のスマホが睡眠障害につながる理由は、本来ブルーライトを浴びる時間帯ではない夜にも関わらず、明るい画面のブルーライトを大量に浴びることができることです。

しかもスマホは非常に目との距離が近いので、他の照明よりもブルーライトの影響が強いです。

スマホはタブレット、パソコン、テレビなどと比べてもブルーライト量が多いことは知られていて、更に距離が近くなると、その分ブルーライトが目に入る量が増えてしまいます。

ブルーライトが目に入るとメラトニンの分泌が減少しますが、日中はメラトニンを抑制させるのは良いことなのです。

しかし、夜は眠る為にメラトニンが分泌される必要性があるので、寝る前にスマホをみるとメラトニンが抑制されて、寝れなかったり、睡眠が浅くなったりしてしまう訳です。

本来夜は暗いはずなのに、ブルーライトが大量に入ると、体内時計が乱れて、様々な病気につながります。

夜のブルーライトで生活リズムが乱れると、それにより、糖尿病、メタボ、高血圧、骨粗しょう症などの病気につながると言われているので、寝る前のスマホは控えた方が良いでしょう。

実際に寝る前のスマホ、パソコンをやめて、夜は明るさの抑えた部屋で過ごすと、調子が良くなったというのは私も実感しています。

sponsored link

目への負担も深刻で、黄斑部にダメージが

ブルーライト量が多いディスプレイを見ていると、黄斑部へのダメージが大きいと言われていて、加齢黄斑変性と言った黄斑部の病気のリスクが高まると言われています。

高齢者に多い病気ですが、若い人でもなるので、黄斑部へのダメージを守り、ケアしていくことが大切です。

そのためには、ブルーライトカットメガネを使ったり、ルテインをはじめとした栄養素をサプリメントで補給する必要があります。

他にも亜鉛やビタミンなども有効と言われているので意識して取っておくといいでしょう。 

ブルーライト量は画面の明るさと距離が重要です。

長時間仕事なので液晶画面を見る人は画面の明るさを暗くして、遠い距離で使用する方がいいでしょう。 

実際スマホなども私はかなり遠い距離で見るようにしています。

腕を一番伸ばしたところらへんでスマホを見るとかなり目の疲れが違いますよ。

もちろん室内では明るさは暗めにしています。

最初は暗くすると、見にくく感じますが、使っていくうちにその画面に慣れますし、眼の不快感も減りますので、すぐに始めてみてください。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ