眼精疲労で病院に行ったらドクターストップになる?

af9930036207

 

ドクターストップってよく聞く言葉ですよね。

病気になった人が食事とかに対して制限をかけたりする場面が私の印象の中では多いです。 

眼精疲労によるドクターストップだとパソコンとかスマホの制限とかになるのでしょうが、医師がそこに制限をかけることはあるのでしょうか?

眼精疲労が改善したブルーベリーサプリはコチラ

疲れ目でドクターストップってあるのか?

私は何度もこのブログで言ってますが、実生活が困難で何もできなくなるほどの眼精疲労になったことがあります。 

そんな酷い眼精疲労でさえもドクターストップにかかったことがありません。

せいぜい「パソコン作業は控えた方がいいよ」ぐらいの意見で終わりました。

仮に目の病気等で本当に制限がかかるのなら眼帯のようなもので覆い隠されるのではないのか思います。 

正直医者が「パソコンをやめなさい」と言っても現代社会、社会人がパソコンを使わないというのは不可能に近いです。

もちろんスマホも使わないのは無理でしょう。

今なんてSNSとかで仕事の連絡をする人も少なくないですからね。

それにビジネスメールなどもありますし。

仮に取引先とかのメールを疲れ目が原因で電話に変えてくれなんて言えないでしょう。 

眼精疲労になりたてで15病院ぐらい廻ったのですがその中の一つの病院の先生に「1日どれぐらい目を使うの?」と聞かれて「1日10時間ぐらいです。」と答えたら医者も看護師もドン引きしてました。笑

もし眼精疲労でドクターストップがかかった人があるなら是非教えてください。

ただ仮にドクターストップにかかっとしてもまたそれが解けた後に目を使い始めると再び疲れ目に悩むことになるでしょうから、自分自身でできるだけ実生活で目のケアをしていく必要があると思います。

例えば「ブルーライトの対策をする」とか、「時間を計ってこまめに休憩時間をとる」とか、「運動を日課にする」とか、「ブルーベリーサプリを飲む」とか、少し意識すればできることがたくさんあります。

その中でも私が一番続いていて効果を実感しているのはブルーベリーサプリかもしれません。

これは性格とかにもよるところがありますが、運動とかは好きなんですけど、私は結局続かないんですよね。

ブルーベリーサプリならたった1粒飲めばいいだけですからね。4秒で終わります。 

元々食生活とかには無頓着で毎日カップ麺生活をしていたので健康成分の多いブルーベリーサプリメントにはかなり興味がありました。

もうかれこれ1年半ぐらい続けていますが本当にブルーベリーサプリを始めてラッキーでした。

あとがき

2016年も目の健康に良いことをたくさん試してきたのですが、眼の疲労感が最も改善したのがブルーベリーサプリです。

ずっと眼がしんどかったのですが、毎日飲んでいたら、眼の違和感が改善しました。

2017年2月24日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも目に対する悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでブルーベリーサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が良くなったブルーベリーサプリはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ