目の疲れで視点が合わない!頭痛が辛すぎ。

af0060001252

 

最近すごいぼやけて視点が合わないときが多くなったような気がするんですよね。

疲れ目は相変わらず酷いのですがどうしたものでしょうか。

また頭痛も頻繁に起こるのでいろいろ考えてみました。 

視力検査をしていないので単なる視力低下かもしれないですが…

眼精疲労になってから本当に視力が下がりました。

疲れ目が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

視点が合わないのは不安。

そもそも視点が合わないとはどういう意味なのでしょうか?

私は勝手に焦点とかピントが合わないという言い回しと同義だと勝手に考えています。

なのでそのようなニュアンスでこのブログでは書いていきます。 

疲れ目で目が重いとか痛いとかは結構ずっとあるのですが、視点が合わないと最近感じるようになってきたんですよね。

特に本を読むときとか、小さい文字を見るときに意識して視点を合わさないと外れてしまうような気がします。 

特にパソコンとか打っているときは極力画面を見ないように心掛けているので、画面を見ているようで見ていずに視点を外していて結構打ち間違い、読み間違いが多いような気がします。

ただ視点を少し外しているおかげか、パソコンを2~3時間打ち続けても結構疲れ目がなかったりするんですよね。 

読書の時とかはしっかり読んでいるので頑張って視点を合わせているのか30分で結構疲れます。

視点が合いにくいと感じたときは、目の運動をすると結構マシになります。

特に近くと遠くを繰り返したりして見ると良いなんて言いますよね。

動体視力トレーニング的なやつをすると私はかなり疲れ目がラクになります。 

疲れ目が改善したアスタキサンチンサプリはコチラ

ここでちょっと面白い話があるのですが、私は1年ほど前に目の健康の為にど田舎に引っ越したんですよね。

というのも街中だとどうしてもビルに阻まれて遠くの景色を見れないじゃないですか。

遠くを見続けると目にとって非常に良いと思って本当に目の前が田んぼに囲まれたような、360度3キロ先まで見渡せるマンションに引っ越しました。

こんなに毎日遠くばかり見ていたら疲れ目は消えてなくなるだろう、と考えていたのですが、最近になって都会にいるときのほうが目の疲れがマシになっているように気づきました。

なぜなら田舎だと遠くばかり見ていて近くを見る機会がすくないんですよね。

ぼんやり遠くばかり眺めているだけだと視点は遠くに合わせたままです。

そうなると目の運動としては少ないのではないかと考えます。

都会でバリバリ生きていると時計を確認したり、スマホをチェックしたり忙しく近く遠くを見る機会が増えますし、バスや電車に乗る機会も増えます。

そういうものの流れが激しい場所のほうが目が鍛えられるような気がしますね。

実際田舎に来てからも視力が下がりましたし。

遠くの景色はたまに見るぐらいが私にとっては良かったようです。 

ということで次はどこに引っ越そうかな。笑

ビルしかないところに引っ越すのも極端だと思いますが、海が近くにあればそういうところでもいいかもしれないですね。

たまには海で遠くに視点を合わせて休ませることも必要な時もあるでしょうから。

あとがき

2017年も眼精疲労に良いことをたくさん試してきました。

その中で唯一、眼の疲労が改善したのがアスタキサンチンサプリです。

ずっと眼精疲労が酷かったのですが、飲み始めて数日で、改善していきました。

私はついに眼精疲労を改善する方法を見つけることができたのです。

もしも眼精疲労の悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでアスタキサンチンサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が改善したアスタキサンチンサプリはこちら

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ