疲れ目とストレスの関係は深い?

gf0690274216

 

疲れ目とストレスって関係があるのでしょうか?私はこの前まで全く関係ないと思っていましたが眼科の先生から面白い話を聞いてから考えが変わりました。

 

精神面と身体ってやっぱりつなっがているんですよ。当たり前ですが。

 

眼精疲労が改善したブルーベリーサプリはコチラ

 

疲れ目とストレスの関係は?

 

先日疲れ目でいつものように病院を受診したのですが、先生からいきなり人生楽しんだ方がいいよ!ってアドバイスされました。笑

 

なんでも先生曰く「憂鬱な人はドライアイとか調節系の疲れ目になりやすい傾向がある」というお言葉をいただきました。今まで自分自身疲れ目についてはいろいろ調べてきたつもりですが、全然知らなかったのでさすがお医者さんはすごいな~なんて思っていろいろ自分でも調べてみました。

 

慶應義塾大学での研究

 最近、自分たちの研究でドライアイの症状のある人は不幸せであるということがわかってきた。確かに、眼が乾いていれば、不幸せに感じるであろう。ところが、ドライアイの「症状」はないがドライアイの「サイン」がある人、例えば、検査結果として涙の量が少ない、目に傷があるということは幸せとは関係がなかった。

 つまり、検査結果はドライアイではないが、ドライアイの症状を感じ辛いと思っている人が最も不幸であることがわかってきた。病気と幸せとは関係するのではないか、幸せな人は痛みを感じにくいのか、今後研究を進めていき、将来は日本から世界に発信できる基礎、臨床のデータを発表していきたい。

(引用元:http://jphp.jp/kisha_hk.html)

 

これはまさしく私が聞いた話でしたね。私はドライアイで一時酷く悩まされていたのですが、今では改善していてずっと治ったと思っていたんですよね。ですが先日「年齢の割には涙の量が少ないよ」って言われて今もドライアイだったんですよね。

 

ですがドライアイにも関わらずドライアイの実感がないということで精神的な部分が大きく関わっていたのかもしれないですね。実際一番ひどいときはずっと引きこもっていて完全にうつ状態でしたから。今ではうつ状態も治り働いているので精神的にも当時とは比べ物にならないぐらい安定しています。

 

確かに友達と遊びに行っているときは目の負担をあまり感じないような気がします。幸せな状態の時は目にとっても非常にいいとうことですね。

 

ホテルに泊まった時や、実家に帰った時も目の疲れを感じにくいように感じます。(幸せを感じているからでしょうか?)

 

私は長い浪人時代、引きこもって極限の憂鬱状態を送り目の調節機能がおかしくなってそこからたくさんの目の病気になりましたが、このときポジティブに生きていたのならもしかしたら目の病気にならなかったのではないかと少し後悔しました。

 

もちろんこのデータは確定ではないのでしょうし、もう過ぎたことをグジグジ言ってても仕方がないのです。なのでこれから目の病気の為にポジティブに些細な幸せを感じて生きていきます。

 

そういえば先日ホテルのロビーですごい立派な人(おそらく有名な先生)が、これからは楽しんだ人が活躍する時代になります、ということを話されていました。

 

どこでも成功している人とかは「楽しむ」というキーワードをよく言っているような気がします。(あくまで主観です。)

 

少しでも疲れ目やドライアイを忘れて立派な人間になるために楽しく、ワクワク頑張りたいと思います。

 

この記事も笑顔で書き終わりたいと思います(^^)

あとがき

2016年も目の健康に良いことをたくさん試してきたのですが、眼の疲労感が最も改善したのがブルーベリーサプリです。

ずっと眼がしんどかったのですが、毎日飲んでいたら、眼の違和感が改善しました。

2017年6月24日現在も毎日サプリを継続しています。

もしも目に対する悩みが訪問者様にあるのなら、そのまま放置しないでブルーベリーサプリを1度試してみてください。

眼精疲労が良くなったブルーベリーサプリはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ