眼に良いサプリはブルーベリーではなくアスタキサンチン!比較ランキングの口コミに要注意

目次

眼に良いサプリの探し方は?

現代は液晶ディスプレイの発達により、目に対する悩みが昔よりも深刻になっていると言われています。

スマートフォンの普及に伴って、眼の疲労感や違和感を感じる人も増えてきている状況です。

そのため大手の健康食品の会社も、ブルーベリーサプリメントなどの開発の取り組みを強化しているのですが、サプリメントがたくさんあって迷いますよね…。

実は、ブルーベリーが眼に良いというのは科学的根拠が全く、ただの都市伝説です。

にもかかわらず、その都市伝説が社会に浸透しているために、あたかもブルーベリーサプリメントが眼の健康を守るかのように、販売されているのです。

眼の健康のためなら、ブルーベリーより、アスタキサンチンを摂るべきです。

というのもアスタキサンチンには「眼の疲労を改善する」という科学的根拠があり、そのような研究結果も報告されているからです。

眼の疲れに関してはアスタキサンチンこそ有効であり、実際に眼のピント調節機能を改善する働きがあります。

おすすめのアスタキサンチンサプリはこちら

ブルーベリーに眼の疲れが取れる効果はない

そもそもブルーベリーが眼に良いと言われた所以は、大昔にイギリスの凄腕パイロットが、ブルーベリージャムをよく食べていたことから来ています。

彼は夜間飛行の薄暗い視界でもはっきりと物を見ることができたのですが、それを彼が普段から食べていたブルーベリージャムのお陰であるというような内容が、新聞に載ったのです。

この新聞がきっかけで、「ブルーベリー=眼に良い」という噂が世界中に広まってしまったんですよね。

そしてそのイメージが世の中に浸透して、科学的根拠が全くないのに、今もなおブルーベリーは眼に良いと言われているんです。

しかし戦後何十年もブルーベリーの研究がされているはずなのに、眼に何らかの効果がある、という研究結果が世界中の何処にも全く出てこないのです。

逆にアスタキサンチンが眼に良いという研究結果は山のように出てきています。

なので今のところブルーベリーは眼に良い効果があるというのは間違いであると断定していいでしょう。

にもかかわらず、日本の健康食品メーカーや製薬会社は、あたかもブルーベリーサプリが、眼の疲労を改善するかのように謳っています。

眼の疲労を改善するのならば、アスタキサンチンこそが、もっとも有効なのに…

アスタキサンチンは眼の疲労を助け、眼のピント調節機能を改善します。

ブルーベリーサプリを紹介しているサイトに注意

疲れ目の改善にブルーベリーを勧めているサイトを良く目にしますが、あれはほとんどがアフィリエイトです。

彼らはアフィリエイトの報酬が高い順に、ブルーベリーサプリをランキング形式で羅列させているだけなんです。

アフィリエイトしている管理者当人たちは眼の悩みがない人がほとんどで、お金の為に使ったこともないサプリを紹介しているのです。

眼精疲労を経験した人間なら、ブルーベリーになんの効果もないことなんてみんな知っています。

私は眼精疲労やレーシック難民の人達に会うことがありますが、ブルーベリーサプリの効果を実感して、飲んでいる人に未だかつて一度も会ったことがないのです。

なので「ブルーベリーサプリ」と検索して上位表示している一部のアフィリエイトサイトには気をつけてください。

そもそもブルーベリーには眼に良い効果なんて全くないのですから、眼の疲労を改善するためにブルーベリーサプリを紹介できる訳ないんですよ。

私もアフィリエイトサイトでブルーベリーサプリを買ってしまった経験があります。

3ヶ月飲んでも効果がなかったので、「サプリは効果がない」、と決めつけてしまって、そのまま他の種類のサプリを飲まずに何年も疲労を我慢していました。

しかしアスタキサンチンサプリを摂取してみると、飲んだ日に変化が現れて、疲れにくくなっているのが実感できました。

ブルーベリーとの違いは歴然でした。

どうか眼の疲労に困っている方は、アスタキサンチンを試してみませんか?

おすすめのアスタキサンチンサプリはこちら

アスタキサンチンは眼の疲労感を改善する

アスタキサンチンで眼の疲労や調節機能が改善したという研究成果は、複数の大学病院で発表されています。

2mgという少量のアスタキサンチンですら、眼の調節機能が改善したという事例が報告されています。

私も以前まではブルーベリー信者だったのですが、ブルーベリーが眼に良いという研究成果はどこを探しても存在しませんでした。

アスタキサンチンこそが、眼の疲労やピントのぼやけに悩んでいる私に合っているのだと確信しましたね。

アスタキサンチンは「鮭」や「いくら」から摂取できる

アスタキサンチンは食品にも含まれていまして、代表的なもので言うと「鮭」や「いくら」や「えび」です。

なのでアスタキサンチンサプリを飲み忘れた時は鮭を食べるようにすれば、アスタキサンチンの摂取を止めること無く続けることができるのでしょう。

私もアスタキサンチンの凄さを知ってからは、おにぎりは必ず鮭を食べるようにしていた時期もありますし、寿司屋では「いくら」を注文するようにしています。

ただ毎日「鮭」や「いくら」を食べ続けるのは飽きますし、必要なアスタキサンチンの量を食品だけ取るのは厳しいです。

また後述しますが、鮭を食べるのはリスクも存在します。

サプリ一粒分の8mgのアスタキサンチンの量を食品から摂取しようとすると、「いくら」が800mgも必要になってしまいますからね。

私も毎日鮭を食べている時期もありましたが、アスタキサンチン量が少なすぎるのか効果も実感できず、経済的にもお金がかかりすぎるので2週間ほどで挫折してしまいましたね。

なのでアスタキサンチンはサプリで摂るのが現実的ではないかと考えます。

養殖の鮭には有害物質が含まれている

鮭を毎日食べることについてはリスクが伴ってしまいます。

というのも海外で養殖された鮭の中には、身体にとって非常に有害な可能性があるからです。

鮭が養殖されている環境がかなり劣悪で、鮭は養殖された環境では狭すぎて自由自在に泳ぐことができません。

そのために海の汚染を受けやすく蓄積しやすいのです。

また養殖魚に使われている餌に大量の有害物質が含まれているとも言われています。

実際にとある海外から輸入される養殖鮭には農薬やダイオキシンが、高い濃度であったという調査もありました。

つまり養殖された鮭にはリスクがあるのです。

しかし現在のほとんどの鮭は養殖されたものであるので、鮭を食べる限り、このような有害物質を避けることは難しいです。

なので、鮭を食べることは避けたほうがいいので、鮭からアスタキサンチンを摂ろうと思わないほうがいいです。

もし訪問者様が毎日天然鮭を食べれるほどの富裕層ならば、天然鮭をアスタキサンチンサプリの代わりに食べてもいいでしょう。

天然鮭ならば、有害物質も少なくて、身体への害もほとんどありません。

ただ天然鮭は養殖鮭の2倍〜3倍ぐらいの値段がしますけど…。

コンビニおにぎりの鮭を毎朝食べても効果がなかった

私はこの養殖鮭のリスクを知らなかった時に、食品からアスタキサンチンを摂ろうと思って、コンビニで毎朝「鮭のおにぎり」を食べていた時期があります。

しかも鮭のおにぎりを2つも食べていましたからね。

他のおにぎりを食べたかった時もありましたが、我慢して鮭だけを食べ続けました。

しかし鮭をいくら食べてもサプリを飲んだ時ほどの眼の疲労感の改善を得ることができませんでした。

鮭によってはアスタキサンチンが少ないものもあるようで、もしかしたらアスタキサンチンの含有量が少ない鮭だったのかもしれません。

私の事例のように、一定のアスタキサンチン量を毎日摂取しようと思うと食品では難しい部分があります。

アスタキサンチンはサプリで飲めば、私はすぐに効果を実感することができているので、アスタキサンチンはサプリからの摂取が望ましいでしょう。

おすすめのアスタキサンチンサプリはこちら

アスタキサンチンに出会って人生を救われた

私はアスタキサンチンによって人生を救われました。

というのも私は5年前に浪人した時にある日突然、眼の疲労感で重みと乾きが酷くなり通常の生活が困難になったんですよね。

仕事も辞めて、家の中で引きこもってばかりの日々が続いていましたが、3ヶ月前にアスタキサンチンサプリに出会いました。

最初の数日はサプリを飲んでいても、微妙な変化しかなかったのですが、7日目から徐々に眼の疲労感が改善していき、2週間後にはピントがしっかり合うようになっていったんです。

ブルーベリーサプリを飲んでいた時にこんな明確な変化を味わったことがありません。

ブルーベリーは本当に気休めでした。

私はアスタキサンチンサプリを3ヶ月間、ほとんど毎日飲んでいるお陰で、今では眼の疲労がほとんどなく、なんとか社会復帰できました。

サプリを飲む前は、疲労が酷くてスマホやパソコンの画面を1分間も見れなかったのですが、今では仕事で1日中パソコンを見ていても大丈夫です。

私はアスタキサンチンで人生が変わりました!

ただ、誰でも「アスタキサンチンのサプリ」をオススメできる訳ではありません。

アスタキサンチンがオススメできない人は?

○アスタキサンチンに向いていない人

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

チェックボックス鮭を大量に食べてる人

チェックボックス継続して続けられない人

チェックボックスサプリを食事の代わりにする人

普段から鮭を大量に食べているのならば、必要なアスタキサンチン量が取れているでしょう。(養殖鮭にはリスクありですが…)

またサプリメントはあくまで健康食品なので、目薬のように飲んだ日に効果のあるものではありません。

ただ継続してくことにより、次第に疲労がなくなり、近くも遠くも見えやすくなりました。 

○アスタキサンチンが向いている人

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s

チェックボックス眼の疲労感が気になる人

チェックボックス文字が見えづらいと感じてる人

チェックボックス目の健康を守りたい人

アスタキサンチンサプリは眼の疲労感が気になったり、近くの文字が見えづらかったり、ピントが合わない人にオススメです。

またブルーベリーやルテインを試してもダメだった人にもいいでしょう。

国産アスタキサンチンサプリ「アスタブライト」

アスタキサンチン⇒8.1mg

定期コース⇒初回1980円

おすすめ度⇒

私のおすすめサプリは、こちらの「アスタブライト」です。

非常に高品質なサプリですが、定期コースなら初回は1980円で試すことができます。

一度試して貰えれば眼精疲労が改善されるのがすぐに実感できるはずです。

近年は、アスタキサンチンの有効性が健康食品業界にも知れ渡ってきたのか、各社から続々とアスタキサンチンのサプリが販売されています。

しかし品質の悪いものも少なくなく、実際に飲んで見ると全く効果を実感できないものまでありました。

某健康食品会社のアスタキサンチンは1週間飲んだのに疲労が全く変化せず、本当にアスタキサンチンが含まれているのか疑問に思えてしまいます。

私が国内外のアスタキサンチンサプリを7つほど飲んでみましたが、アスタブライトが一番良かったです。

海外のものも良かったのですが、私は何故かひどい便秘になってしまって、飲むのを継続することはできませんでしたね。

このアスタブライトが体調も悪くならずに、変化も実感することができましたから。

アスタブライトの公式サイトへ

私の反省と願い

私は今までプラシーボ効果のせいなのか、ブルーベリーが眼精疲労に効果があると信じ切っていました。

そしてこのブログでブルーベリーが良いと話したことも何度もあります。

ですが私は騙されていたことに気付き、このブログで間違った情報を流してしまっていたことを深く反省しています。

私は今まで眼の疲労を取るために、5年で合計200万以上もお金を使ってきました

健康食品は30種類も買いましたし、断食やマクロビなどもやりました。

そしてやっとたどり着いたのが、このアスタキサンチンなのです。

私は大学受験の浪人時に、眼精疲労になってしまって、そこから5年以上も眼の疲労との戦いの日々が続いていました。

眼の疲労が酷いと、精神がおかしくなってしまって、常にパニック状態になっていたんです。

そして健康食品を色々と試すも、全てが効果がなくて、諦めかけていた時に、アスタキサンチンに出会いました。

もし訪問者様が眼精疲労に悩んでおられて、アスタキサンチンを試したことがないのなら、ぜひとも一度試してみてください。

ブルーベリーサプリをアフィリエイトしているような詐欺サイトのように、根拠がなく勧めている訳ではありません。

どうか一度だけで良いので、試してみてほしいのです。

私はこの眼の疲労で人生が大きく狂ってしまって、あらゆる夢を失い、地獄のような世界をさまよっていました。

自分の目に映る景色が、どんよりとしていて、健康な人間を妬んでしまう時期も長かったです。

そんな私に一筋の希望を与えてくれたのがアスタキサンチンサプリの「アスタブライト」なのです

アスタブライトの公式サイトへ

アスタキサンチンサプリを見つけたきっかけ

私がアスタキサンチンを飲むきっかけになったのはTwitterです。

Twitterで眼科の情報を探している時に、レーシック難民の方のツイートを見かけて、アスタキサンチンが効果があったというツイートを見ました。

そこでアスタキサンチンを調べてみると、眼精疲労に効果がある、という情報が山のように出てきたのです。

私はこの時点でアスタキサンチンの効果を確信して、迷わず注文しました。

そして飲み始めてから、たった数日で変化が現れたのです。

ブルーベリーを飲んでいた時にこんな明確な変化を実感することなんて一度もありませんでした。

というより5年間色々と眼精疲労対策をして、唯一明確な変化があったのが、アスタキサンチンだけなのです。

スマホが発達していくこれから時代は必需品に

アスタキサンチンの評価はこの先10年で飛躍的に高まると思っています。

スマホを始めとしたデジタル製品が急増していることもあり、眼の疲労を訴える人も増えてくるはずです。

スマホ老眼が社会問題になっていますし、これから更にそういった眼の悩みを持つ人は増えるでしょう。

そうなってくるとこのアスタキサンチンを求める人が増えていき、デジタル世代の救世主になってくれるのではないかと予想しています。

私は以前はスマホを10秒も見てられないほど眼の疲労がひどい状態だったのですが、今は裸眼で何時間も見続けられますからね。

流石に長時間使うと疲れてしまうこともありますが、それでも飲む前と飲んでからは、全く状態が違います。

薬事法の関係で効果効能をこのブログで謳うことはできませんが、ぜひ一度アスタキサンチンを飲んで疲労の違いを実感していただきたいです。

アスタブライトの公式サイトへ

安物のアスタキサンチンがダメな理由

アスタキサンチンのサプリはヘマトコッカス藻の色素が原料になっているのですが、これは生産コストが非常に高く、他のサプリメントのように簡単に量産できるものではありません。

アスタキサンチンサプリを医療従事者向けに販売しているところのサプリは1ヶ月分で7000円しますからね。

信頼できるメーカーのアスタキサンチンサプリは定価が5000円以下のところはほとんどありません。

アスタブライトは定価が5300円なので、信頼できるアスタキサンチンサプリの中では非常にリーズナブルです。

私は一度1000円代のアスタキサンチンを試したことがありますが、何も効果がなくて驚きましたよ。

3ヶ月継続したらやめても疲れなくなった

 

私はアスタキサンチンサプリを3ヶ月継続してから一度やめましたが、やめた後も疲れが起こりにくくなって、明らかに眼の疲労の溜まり具合が変わっていることに驚きました。

アスタキサンチンは継続すれば疲れにくい眼になることができるのでしょうか?

私は疲れですぐに何もできなくなってしまうのが嫌だったのですが、サプリメントのお陰で、まるで眼精疲労になる前の眼に近づけたような気がします

確かに1週間程度で変化は感じるのですが、やはり長期間続けることで、眼が疲れることを忘れてしまいます。

1ヶ月半が経ったあたりから激的な変化を実感したので、最低でも1ヶ月半は続けて頂きたいですね。

常用していたらメガネが必要なくなった

アスタキサンチンサプリを飲んでいると遠近ともにはっきり見えるようになります。

特に近くが見やすくなり、スマホや新聞の文字がメガネなしで読めるようになったんですよね。

私はiPhoneの文字が小さすぎて、裸眼で読もうにもぼやけてしまって、メールのやりとりだけで、疲れてしまっていました。

しかし今は長文のメールでもしっかりと読んで、メガネなしで返信できるようになりました。

アスタブライトは飲み始めて数日で変化が

ブルーベリーのようにプラシーボ効果ではないので、アスタキサンチンはすぐに明確な変化がありました。

眼の疲労感が改善していき、スマホ老眼のような近くが見にくいこともなくなったのです。

眼の疲労感に対して、何をやってもダメな人こそ、アスタキサンチンを試してほしいのです。

このアスタキサンチンの力を知ってしまったら、本当に手放せなくなります。

ブルーベリーサプリなんかとは全く違いますからね。

数多くのアスタキサンチンの中で、私がもっとも変化を実感することができたのが「アスタブライト」です。

アスタキサンチンならアスタブライトをおすすめします。

アスタブライトの公式サイトへ

アスタブライトがおすすめの3つの理由 

理由

「アスタブライト」がおすすめの理由としては、

チェックボックスアスタキサンチンの含有量

チェックボックスDHAが含まれている

チェックボックス安全性が高い

の3つですね。

豊富なアスタキサンチンの含有量

まずは1日当たり、8mgというのは、他のサプリと比較しても豊富です。

評判の良い海外サプリであるNOW FOODSのアスタキサンチンは4mgですから、海外サプリよりも含有量が多いことになります

以前はぼんやりしてて疲れが酷かったのですが、このアスタキサンチンのサプリ量のお陰で、朝から夜までデスクワークで楽しく働いていますよ。

DHAが含まれている 

PC作業が多い私にとって欠かせない成分のDHAが、含まれているんですよね。

アスタキサンチンサプリを買う時は、DHAが入っているかいつも確認するのですが、アスタブライトには含まれているので安心です。

先日、アメリカの科学雑誌に、DHAが不足することによって、視力低下を促進するリスクがある、というニュースが載っていました。

近年は魚不足が問題になっているからこそ、サプリで眼に良いDHAを補っていくは合理的な考え方です。

GMP認定工場で作られているので安全

アスタブライトはGMP認定工場で作られています。

サプリメントの品質を見るときに重要なのは、このGMP認定工場で作られているかどうかなんですよね。

GMP認定とは第三者機関によってその工場が客観的に「安全面」や「品質」に問題がないかを監査して、その監査に通ることによって、認定されます。

GMP認定はどんな工場でも審査が通るわけではなく、徹底した安全と品質の管理ができていないと、審査が通りません。

なので国内の健康食品会社は、GMP認定工場は少ないです。

GMP認定工場がないサプリはどんな状態で作られているか分からずに、安全面や品質面でかなり疑わしいものもあります。

私が以前に他社のアスタキサンチンサプリを飲んで効果が無かったものは、GMP認定を取得できていませんでした。

海外ならばGMP認定されていないサプリなんて門前払いです。

私は基本的には国内のサプリを利用することはないのですが、このアスタブライトに限っては、国内ですが常用させて頂いています。

栄養後進国である日本は、GMP認定なんて気にしない所が多く、会社自体の意識も低いところが多いのです。

そういう会社がブルーベリーが、あたかも眼の疲労に効果があるかのように販売して、そんな会社なサプリがCMのお陰で売れているのですよ。

ある意味騙されていると言っても過言ではありません。

ブルーベリーなんか1年飲んでも、何も効果がなかったのですから…。

アスタブライトの公式サイトへ

アスタブライトの良い口コミ

実際にアスタブライトを3ヶ月試された方の良かった口コミを紹介します。

3ヶ月飲んだ後は眼が疲れない

私は仕事柄、1日中PC漬けの日々を送っています!

職業はシステムエンジニアで、基本的には接客することもなく、PCばかり触っていて、本当に眼の疲れに困っていました。

「眼精疲労と生きる」は以前から読ませて頂いていて、自分と非常に似ている眼の状態だと思っていたんですよね。

管理人の佐藤さんの記事を読んで、アスタキサンチンが良いと書いてあって、アスタブライトを試してみたいと思いました。

私はサプリの類のものは今まで飲んだことがなく、絶対に効果がないと思っていたのですが、飲み始めて3週間で眼が疲れなくなって驚愕しました!

「アスタキサンチンって本当に眼の疲労感を改善してくれるんだ!」と感心しましたね。

そこから3ヶ月続ける必要があると書いてあったので続けたのですが、アスタキサンチンを3ヶ月飲んだ後は、眼の疲れが以前のように実感しなくなっていました。

アスタブライトをやめても疲れなくなったので、眼の悩みがなくなりましたよ。

近くが見えやすくなった

私は現在は54歳で近くが見えづらくて困っていました。

スマホを見ようにも2倍に拡大してやっと読める状態だったんです。

しかし拡大すると、まるで虫眼鏡で文章を読んでいるような感覚になり、理解力が落ちてしまうんですよね。

どうにかして標準サイズで読みたいと考えていて何か方法がないかと探っていました。

そこでアスタキサンチンが近くが見えやすくなるとのことで試してみたんですよね。

アスタキサンチンはすぐに変化を実感できると聞いたのですが、私は2ヶ月目から効果を感じ始めましたね。

大体40日ぐらいたった頃からでしょうか、スマホをメガネ無しで標準サイズで読めるようになってたんです。

他にも読書や新聞もメガネなしで読めることに驚きました。

またメガネを付けていても疲れなくなったことにも感激です。

アスタキサンチンは眼の調節に不安がある方こそ試してみるべきですよ!

アスタブライトの悪い口コミ

アスタブライトで思うような効果を得られなかった方の口コミです。

生まれつき近視ですが視力回復ができなかった

私は生まれつき近視で視力が0.1以下なのですが、視力回復を期待してアスタキサンチンサプリを飲み始めました。

アスタキサンチンは眼のピント調節に効果があるそうなので、視力が上がることを期待したのですが3ヶ月飲んでも視力は変わりませんでしたね。

ただ近くは見やすくなったので、無意味ではなかったことだけはせめてもの救いです。

老眼など後天的な視力には効果があるのかもしれませんが、生まれつきの先天的な近視は改善できません。

アスタキサンチンで先天的な近視は改善できない

アスタキサンチンは眼の毛様体の血流を促進したり、眼のピント調節機能を改善する機能はありますが、生まれつきの近視を改善するような効果はありません。

アスタキサンチンは「眼の疲労」「近くが見づらい」「眼の疲労による視力低下」などには良いでしょう。

私も実際にこれらの効果を実感することができていて、今では遠近の眼鏡を付ける必要がなくなりましたからね。

アスタブライトの公式サイトへ

このページの先頭へ